大切なこと④ 誰から見ても「公平」なこと

前回、ルワンダ人スタッフのマネジメントの難しさを書きました。

実はもう一つ、ルワンダならではのポイントがあります。

 

それは、「公平」であること

 

ルワンダには主に二つの民族がいます。

長い歴史の中で、二つの民族の関係は複雑に続いており、それが最悪の結果に表出したのが1994年。

それは、突然始まりそして終わったことではありません。

(過去記事:それぞれの1994年と2016年の日常

 

日常生活では民族問題はタブーなので、どちらの民族だとか直接的に会話には出てきませんが、

うちのスタッフもよーーく見ていると、

あまり関わらない二人とか、

何かとうまく行かない組み合わせとか、

あります。

民族との関係もゼロではないでしょう。

普段はまとまり感もあり面白い人たち

普段はまとまり感もあり面白い人たち

 

なので、誰かを昇格させるときなどは、細心の注意が必要です。

「誰が見ても納得できるように評価・褒賞する」ことが大事です。

「●●だから昇格した」

「△△だから評価されている」

ということのないように、昇格のときでなくても、普段のコミュニケーションから、特に褒める際には、

どの行動がどう良かったか、その行為自体を具体的に言及するようにしています。

 

また、ポジションは様々ですが、

職業に貴賤なし、

どのポジションの人が偉いとか、上とか、そういうのは排除するように心がけています。

 

長年、支配されてきた、虐げられてきた、他方が富を独占することによって不遇に遭ってきた、

そういう思いが根底にある社会、

そして今ここに厳然と存在する格差、

長年日本で育ってきた身としては自分ごととしてはなかなか直感では入ってこないですが、

私なりに最大限想像力を使って。

 

そして、まだまだ微力ですが、いずれは、

民族とか、生まれとか、そういうのに関係なく、

努力・能力・結果自体が評価される、

頑張ったらチャンスを掴めるかもしれない、という希望が持てる、

そういう土台がある社会に貢献していけたら、と思っています。

ルワンダでタイ料理屋2 ~誰のための?編~

こちらでのレストラン経営は日々トラブルシューティングで日が暮れる(夜が明ける?)のですが、

今日は、店舗存続の危機発生一件、警察沙汰一件、断水、倉庫キー紛失などフルラインナップ。(どれも未解決)

 

レストラン事業はとりあえず生活のための日銭稼ぎ、顧客接点づくり、現地人の雇用、という観点から始めましたが、これを軸足にスケールできる事業展開は常に考えています。

一度ここで、改めてこのレストラン事業の顧客と提供価値について、整理したいと思います。

関係ないですが息子の放課後アクティビティサッカー。

関係ないですが息子の放課後アクティビティサッカー。

 

 

そもそもなぜタイレストランなのか。

それにはまず、顧客は誰か?の問いから始まります。

その答えは外国人です。

国内の経済規模から考えると、ルワンダでビジネスをするには外貨の獲得が必然です。

平たく言うと、お金を持っているのは外国人です。

 

国としてはマウンテンゴリラの観光業に力を入れています。とにかくゴリラ推しです。お札の絵柄でもビザの絵柄でもなんでもゴリラです。

トレッキングツアーは、750$です。高っ と正直思いますが、予約がとれない時期もあります。

そして「トレッキング」というと聞こえは軽いですが、落ちたらケガじゃ済まないような斜面を四つん這いで進んだりと、思ったよりもハードでした。

ゴリラ好きのお友達をお誘いあわせの上是非遊びに来てくださいね!

この写真では一ミリも伝わらない臨場感

この写真では一ミリも伝わらない臨場感

 

観光客ビジネスも大切ですが、首都キガリには、UN関連や各国大使館、NGO勤務など、外国人も結構います。といっても1万人程度でしょうか。日本人は数十人です。

その人たちがあまりキガリに期待をしていない分野があります。それが外食分野。サービス分野全般かもしれません。

飲食店のレベルは近隣諸国と比較しても明らかに低く、数も少なく、バラエティもなく、サービスレベルも正直かなり低いです。串焼き一本1時間とかかかったりしますもん。メニューの8割 not availableとか。営業時間とか自由だし。

「キガリはこんなもんだよね」と諦めている部分もよく垣間見られ、長期休暇での帰国を楽しみに普段の退屈な生活を我慢している風なところもあります。

 

もったいない!

せっかく治安も圧倒的に良いというのに。

そしてそういう人たちは、例えば子どもを年間200万円近い学費のところに通わせていたりする層です。

もっとルワンダで日常的に消費行動を楽しんでもらおうではありませんか!

彼らが単に食材を買うだけのところを、付加価値をつけ提供すると、その約3倍のお金がルワンダに落とされるのですから。

 

Asian Kitchenは、一見すると、ムズングの、ムズングによる、ムズングのためのレストランに見えるかもしれません。(ムズングというのは黒人以外の人を指す言葉です)

日本人が欧米人にタイ料理を出しているお店。ですが、そのサービスの提供者はあくまでもルワンダ人

そしてサービスに価値を感じてくださり対価をいただけるなら、それはルワンダに入るのです。税金はルワンダ政府に入ります。

地道ですが、こうした飲食店が増えていけば、業界のレベルもアップし、物流も変わってくるでしょう。

観光業だってもっと盛り上がります。

 

現地スタッフと働いていて時折感じるのが、「ムズングの会社に入ったから一旦安泰っしょ」的な心構え。

確かに、ムズング経営の会社は、他では当たり前のようにある契約書を渡さない、給与不払い半年、などは少ないです。

でもスタッフには、ムズングとつながっておけばお金がもらえる、のではなく、自分がサービスを提供して、その対価としてお金をもらっているのだ、という感覚は必ず持ってほしいと強く思います。前職の影響もあるかもしれません。

 

 

ちなみに、ルワンダ人マーケットへの進出について、もちろん考えています。

今ターゲットにしている層の千倍のマーケットですし、進出は時間の問題です。

ですが現状はなかなかシビアで、今日という日を数ドル以下で過ごす、定期的な現金収入はない、という人たちがマジョリティの国です。

新しいものにはなかなか保守的というルワンダ人の食文化もありますし、長期的な視点で業態を工夫していく必要がありますが、

ルワンダ人が徐々に上がっていく可処分所得を「食」分野でハッピーに使っていく、そのマーケットに何が提供できるだろう。ルワンダ人のライフスタイルになんらか貢献していきたいです。

Life Style Rwanda Ltd.

Managing Director

Chisa KARATO

ルワンダをGoogleすると。。。

Kigali

(英語のあとに日本語)

When you Google Rwanda (in Japanese), the top results are mostly about genocide(esp. image results). While many Rwandans I met in Kigali have already moved on (of course, some may consider the “talk” as a taboo) and are celebrating the new era of entrepreneurship and economic prosperities, many “outsiders” still seem to be hoping to talk about one of the saddest events in the history of humankind.

While I don’t suggest us to forget the event, I also want to help non-Rwandans to see something more about Rwanda based on my first-hand experience in Kigali last September and second-hand research of reliable sources.

If you have no idea about the city of Kigali or only have know about the genocide or gorillas, you would definitely have the 180 experience. To me, Kigali is one of the most non-local friendly cities.

  • You can be mobile using motorcycle taxis. (And you won’t have one of those crazy situations where you see too many passengers on a single moto – Kigali only allows one passenger on a moto and the helmet is obligatory. You also have a new great Uber-like service called SafeMotos, a startup my friend started.)
  • You feel completely safe even at night. (To be honest, I love-loved how we can go up/down hilly roads at night feeling the air! – Okay, that might be a bit too much adventure for some of you.)
  • You can jog around the hilly road and get some exercise.
  • You will get gigantic avocados at local markets for nothing.
  • And more importantly, you have a vibrant entrepreneurial community which is a mix of local and international entrepreneurs. (More to be shared in upcoming blog posts.)

While I personally love Nairobi’s much larger entrepreneurial community, I definitely recommend people to visit Kigali especially if you have never been to any cities in the African continent.


日本語で「ルワンダ」とグーグルすると、トップの検索結果はほとんど虐殺関係のことです(特に画像検索)。私がキガリで出会ったルワンダ人たちは、(タブーなどもありますが)起業家や経済発展に象徴される次の時代に移行しているものの、日本人をはじめとする「外国人」はどうしても、人類史上もっとも悲しい出来事の一つである虐殺について、どうしても触れずにはいられないという印象です。

もちろんこの歴史を忘れるべきではありませんが、個人的には、私が去年9月に現地で直接経験したことや、現地などから発信される信頼のおける情報源から入手しているできごとをもっと届けたいと思います。

特にルワンダのイメージが虐殺やゴリラといった限定的なものしかない人たちにとっては、今のキガリの姿などは180度のイメージチェンジになると思います。キガリは一言でいうと、外国人(=国際的感覚をもった日本人)に優しい街だと思います。たとえば。。。

  • モータータクシーでどこにもいけます!(しかもたまにアジアなどで見かける1台に何人も乗っている状態ではないです。キガリではそれは禁じられていて、ヘルメットもマスト。たまたまボストンで出会った知人が始めたベンチャーですが、アプリで呼べて手軽なウーバーのようなサービスSafeMotosも活躍しています。)
  • 夜でも危険を感じることはありません。(実際、私はバイクタクシーで夜風を受けながら、丘陵地帯の道を駆け抜けるのがすごく好きでした!これは全員にはおすすめできないかもですが。。)
  • 外をランニングできます!(こういうことはできないアフリカの都市も多いので。。。)
  • 巨大なアボカドが激安です。
  • それからもっと重要なことに、ローカルと外国人が入り交じったわくわくするような起業家コミュニティもあります。(詳しくはまた後日ご紹介します)

個人的にはナイロビのもっと巨大な起業家コミュニティが好きですが、アフリカにまだ訪れたことのない外国人にはとってもおすすめなのがキガリです!

 

ルワンダ 「アフリカの奇跡」・・・

 

息子、無事小学校入学しました。

先週後半、突然 「明日新入生オリエンやります。See you tomorrow!!」 ということで、行ってきました。

入学グッズを受け取る会場がコチラ。

新入生オリエンですが、制服は新入生サイズ絶賛品切れ中。

「子どもは成長が早いからこれくらいがいいわよ!」と明るく中学生サイズ渡されました。

 

・・・

・・・

 

ちょっと写真は雑然としていますが、

ここはルワンダ随一の、ごく一部の富裕層の通う幼稚園から高校までのエスカレーター式の学校。

政治家や官僚、実業家などの子どもが多く通います。

2割ほどが外国人。

 

ちなみに学費は、小学校一年生でひと月3万円ほど。

朝から夕方まで、英語でいろいろ教えてくれるところと思えば、東京で保育園に通わせていた身としては、お得感満載ですが、

大卒でも月給3万円の仕事を得るのは難しいこの国では、いかに高額か。

 

ルワンダはGDP成長率は2008年から8%を保っていますが、

(一人当たりGDPは2015年で650$。日本は32K$)

とにかく失業率が高い。

国民の約9割は農業従事者で、資源もあまりなく、内陸国で輸送費が高く物資も乏しく、産業も発達しておらず、とにかく仕事がない。

レストランの完成が何か月も遅れたときも、スタッフ候補者に何度も「すみません面接待ってください」と連絡しましたが、

その度に “No problem、待ってます” と返され

みんないい人だなと思っていましたが、

他に仕事がないんです。

 

でもこういう学校に通える一握りの人も、一方でいる。

 

次々に乗り付けられる、お抱え運転手の運転するランドクルーザーから、

パリっとした制服に身を包んだ子どもたちが降りてくる横で、

それよりも小さな子が、それよりもっと小さな子をおぶいながら、

裸足で草むらをかき分け、食べるイナゴを朝から探している。

 

後者がこの国のマジョリティ。

(首都キガリはそもそも物価が地方に比べて圧倒的に高いので、そういう層は少ないです)

グリーンヒルズ

通う子どもたちの車と、そこから遠くに見える小さな家々

建て替えられた新校舎と、丘の下に見える小さな家々

 

このコントラストは、まだうまく言葉にできません。。

 

「アフリカの奇跡」。94年の大虐殺からの奇跡のような経済復興。

 

GDP成長率、7年連続8%。

人口1,200万人のうち4割以上が18歳以下。

あふれている子どもたち。

毎日道端にただ座っている大人。

二つの民族。

富裕層と貧困層。

 

この希望に満ちているような、危ういような。

22年前の大虐殺をもう二度と繰り返すまいと強く誓っているこの国ですが、

今のこの復興がいかに奇跡であるか、

そしてそれを継続できたらそれもまた奇跡であり、

そして奇跡ではあるけれど必ず実現させねばならない奇跡であること、

ときどきふっと思います。

 

私はルワンダに来ることを決めた際、

「援助」

という感覚で来ていませんが、

この学校の前の石畳の道を通る度、

あなたは あなたの立場で もっているものを 何に使うんですか? と問われている気がします。

 

とちょっとシリアスになってみましたが、

その奇跡のカギはいくつかある気がしていて、

それをうまくビジネスと結び付けていきたいなと考えております。

ふわっとまとめたところで つづく

唐渡千紗