エチオピア人の結婚式に招待してもらいました。

どうも、竹重です。

今回は事業関係の話ではなく、エチオピアの文化的なお話を少し。

 

エチオピアに渡って早2年余りが経過していますが、この前の日曜日に初めてエチオピアで結婚式に招待されましたので、その時の経験を少しご紹介させていただきます。

 

今回参加したのは、エチオピアで当初からお世話になっているイスーくん(ピザ屋経営)の結婚式です。

結婚したイスーくん

エチオピアの結婚式は長い!

 

まず、驚いたのは結婚式の長さ!!

 

なんと朝9時頃から結婚式は始まります。

以下、ざっくりっと結婚式の流れです。

 

朝イチでまずはホームパーティーが始まります。(朝からお酒飲んじゃってます。)

朝食とともにお酒を嗜みながらのホームパーティーがひと段落すると、結婚式場に向け出発。

 

車の大小はありますが、裕福な家系のイスーくんの場合は、家にリムジンが迎えにきていました。

その他にも、友人代表の付添人4人のために、リモとベンツの車列がボンネットに花を乗っけて迎えにきます。

 

どこに行くかというと、新婦のお家。

 

結婚式は新郎が新婦を迎えにいき、式場に移動するというのが一般的とのこと。

 

これは、現代の豪華な車列をなすお迎え以前からそういった文化があったことをうかがわせます。

 

さて、嫁さんのお家では、嫁さんが待ち構えていて、お嫁にいただきます的な挨拶があり、いざ会場へ。

 

9時に始まったホームパーティーから会場到着の12時半まですでに3時間半が経過しています。

 

で、いざ本ちゃん、日本でいう結婚披露宴ですね。

 

会場を見渡すと以外にも参列者のためのテーブルが所狭しと用意されています。

(実は、朝のイベントから招待されていたのですが、インド人の友人の寝坊により、参加したのは本ちゃんからでした。)

 

で、驚きの参加者数ですが、その数実に500人以上、インドネシアもエチオピア同様猛烈な参加者数で時には1000人以上が参加したりしますが、立食形式なので、500人以上の座席が用意されている結婚式、ものすごい豪華な印象を受けました。

豪華料理、生肉の塊、絶品でした!

新郎からの挨拶、エチオピア聖教の神父様からの言葉、指輪交換、ケーキ入刀、ファーストバイトなどなど日本でもお馴染みのイベントが式では繰り広げられましたが、もっとも驚いたのが、都度、ダンスタイムが挟まること。

座席の中央あたりにダンス空間が用意されていて、結婚式専属DJまで用意されており、諸々のイベントの間に都度ダンスをします。

 

祝う=ダンスということなんですかね?

 

で、このダンスが半端ないんですね。

1回につき30分くらい新郎新婦は踊りっぱなし。。笑

 

汗だくでとにかく踊る!!

 

そして、なんだかわからないが、お調子者のおじさん(おじいさん)などもここぞとばかりに盛り上げる。

入場!!

参加者の中、唯一のアジア人だった僕は、皆様の格好の餌食で、手を引かれいちいち踊らされます。。。

 

僕も汗だくで、くちゃくちゃに。。

 

本ちゃんの式が終わった4時半頃までには、服もビショビショになるくらい汗だくに。。。

 

これで終わりかな?なんて思っていましたが、まだまだ続きます。

 

会場にきた時と同様、車列をなして今度は、イスーくんの家まで戻ります。

 

イスーくんのお家ではエチオピアのご馳走ドロワットなど豪華料理が用意されており、みんなで飲んで食べて踊ってひとしきり楽しみます。

 

これが終わるのが夜7時、、、、

 

まだまだ、続きます。

 

その後、親など目上の方々が帰ったところで、友人連中に夜、日本でいう所の二次会パーティーがスタート。。

 

結局、深夜一時過ぎまでみんなで盛り上がりました。。

 

というわけで、エチオピアの結婚式は朝9時から深夜1時まで続き、なんと16時間ぶっ通しで行われてました。

 

後日談。

 

結婚式が行われたのは日曜でしたが、月曜の夕方、前日の主役イスーくんをはじめ、友人たちと会う機会がありましたが、みんなヘトヘトで筋肉痛だと当然のように結婚式翌日は仕事をおやすみしている人たちがたくさんいましたね。

 

ちなみに、結婚式は終わりましたが、今週も火曜と土曜にアフターウエディングパーティーを行うとのこと、昨日、日本に帰国してしまった僕は残念ながらパスですが、結婚式のエネルギーそのままに、またみんなで踊りまくるのでしょう。。。笑

 

日本の結婚式も厳かな感じで好きですが、エチオピアの結婚式、みんなで幸せな感情を爆発させている感じで本当に楽しい結婚式でした!

 

今回は、ここまでです。

では、また!

いよいよ開催!ギニアツアーの準備に追われながら。。

イヌワリアフリカ主催ギニアツアーの開催場所のお宅にて

 

ギニア、コナクリからこんにちは。イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。

来週から、わたくしが代表を務めるイヌワリアフリカ主催のギニアツアー2018が始まる為、お客さまをお迎えする準備に追われております。

昨年末からは1日に6時間くらいしか電気が来ないという長時間の停電続きだった為、ツアー期間中は自家用発電機を使って発電をしようと思っていましたが、夜中眠る時にあの爆音!はたまらないので、嫌だなと思っていたところ、なんといきなりまた嘘の様に停電がなくなって、電気が調子良く来るようになったのでその心配もなくなりホッとしています。

でも、ツアーの準備を始めていた昨年末、停電よりももっと心配な事がありました。

 

物件探しに奔走し・・

 

さて、以前の記事 「【ギニアでの事業紹介③】ギニアツアーの企画・開催」
http://entre-africa.jp/yumiko_bah/4452.html

 

でもご紹介しましたが、イヌワリアフリカのギニアツアーは、外国からお客様を募り、ホームステイ感覚の滞在で、ジャンベとアフリカンダンスのレッスンを受けながら、地元の舞踊団を訪問し、ギニア人ミュージシャンやダンサーと共にダンスの練習をしたり、観光も合わせギニアを体験して頂くという内容となっています。

 

貸切の一軒家を借り切ってその家に皆で合宿の様に宿泊をしながら皆で行動を共にします。

 

でも、昨年末に近づいた頃に、予定していた前回のツアーでも使用させて頂いたお家での開催は事情があって急遽変更することになり、1ヶ月だけ賃貸出来る普通の家の物件を探しましたが、全然見つからずにヤキモキする日が続きました。

 

何故かって!まずは、コナクリって、1ヶ月だけ貸してもらえる一軒家というのは、高い賃料を払える超お金持ち用のめちゃくちゃ高い物件しかありません。
(コナクリ賃貸事情に関してはネタ満載なので、またいつか別で書かせていただきたいと思います。)

 

そして、1ヶ月間借りる場合は、不動産屋さんに1ヶ月分、大家さんに何か破損した時のための保障金1ヶ月分、賃貸料1ヶ月、プラス借りる期間になるまでその物件を押さえておくその日までの賃料まで支払わないといけません。
私たちが物件を探していた時だと、結局全部で4ヶ月分を支払わないといけなかったのでそれは絶対に無理でした。

 

安い物件があったとしても、お化け屋敷の様な怖い家で、水も出ないし電気も自分たちで工事しないとダメ、壁のペンキも禿げてる状態の家ばかり。。お客様を迎えるには大工事が必要になります。

 

アフリカなのに、太鼓禁止??

 

そして物件が見つからない絶対的にダメだ!という重大な理由が1つありました。

それは、コナクリは、意外にも「ここはアフリカなのに、太鼓を叩いたらダメという太鼓禁止の家が多い」という事です。

ジャンベ=太鼓を体験するツアーなのに、太鼓が禁止とは!

そして、

実は私たちが住んでいる家も太鼓禁止なんです 笑
だから私たちはギニアに住んでいるし、自宅にお客様にも宿泊して頂けるスペースもあるけれど、
ツアーを開催するには、わざわざ別の家を借りないといけないんです。

 

ジャンベのレッスン風景

 

灯台下暗し

 

1ヶ月以上物件を探したものの、結局見つからず焦っていたところ、夫が私と結婚して日本に行く前に、子供の頃から暮らしていた家の目の前のお宅があるじゃないか!という事に気がつきました。

 

我が屋の長男、ファムドゥさん、ジャンベレッスン講師を務めてくれるファムドゥさんの長男のフォデさん

 

その目の前の家のお宅の家主というのは、ジャンベ界の第一人者として世界中で活躍されているギニア人のジャンベ奏者ファムドゥ コナテさんという方で、このお家はファムドゥさんもご自分の海外の生徒さんを集めてご自身でギニアツアーを開催している場所で、私たちのように他のギニアツアー主催者にも貸し出しをしてもらえる他の人でも宿泊施設として使用可能な、宿泊設備の整った場所だったんです。

 

しかも、外国人のお客様用のお部屋のある3階建の建物があるのですが、真向かいの家に住んでいた夫は、その建設をする時にその作業を手伝ったんだそうです。

夫は子供の頃から音楽一家のファムドゥさん一家とお隣さんとして、そして夫自身もダンサーだったのでアーティストとしても深く関係し彼らと家族同然に育ったんだそうです。

 

灯台下暗し!

 

そして、ツアーでのジャンベのレッスンは、このお家に住んでいるファムドゥさんの長男であるジャンベ奏者のフォデさんにお願いしていたので、また一石二鳥となりました。

この方も夫とは子供の頃から付き合ってきた幼馴染のような関係なので、あんなに苦労して物件探しをしていたけど、近くにこんな良い場所があったってもっと早く気がつけばよかったのにね、と思いました。

 

早速ファムドゥさんとご家族に私たちのツアー用に家を借りたい旨を伝えると、「家族同然のテオドール(夫)からその家を借りたいと言ってもらえた事はとても嬉しい」というお言葉を頂き、私たちもとっても嬉しかったのです。

 

開催場所のお家はこんなところです!

 

ワイワイとご飯を作る場所。ギニアの健康茶ケンケリバが出来上がったところ。

こちらが煮出したケンケリバ茶

ツアー中の食事を作ってくれるシーレさん

ギニア料理を代表するメーニュー「ブラガエ」(芋の葉っぱのソース)を調理中。このソースをご飯にかけて食べます。

中庭にて、左から夫、シーレさん、このお宅のママ・ファムドゥさんの奥様、我が家の長女

お客様に宿泊していただく階の居間 日当たりも風通しも良いです。

お客様のお部屋

 

お部屋にはカーテン、テーブル、ベッドとシーツ、蚊帳までこちらで全部用意されていました。
私たちが用意しなくて済むとは!!有難いことです。

もっとお客様に快適に過ごしていただけるよう、私たちも出来る限りの事をしたいので、先週は建物の中のトイレを使用できるように完全に修理をし、明日は蚊が侵入しないように、職人さんに来てもらい網戸を取り付ける予定となっています。

 

今週金曜日にはお客様が到着され、来週月曜からいよいよツアー開始です!
私が初めてギニアに来た時に感じたような、ギニア人のあったかさや、生きていくのに大切なものってなんだろうってギニアの人たちの生活を見て考えた事とか、先進国にいたら考えないような事とか、何か心の中がキュンとあったかくなるような体験を、来て下さる皆様にもしてもらえたらいいなと思っています。

 

 

イヌワリアフリカのギニアツアー2018専用 HP

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa  Président

 

家を出るとマンゴーが並ぶ赤土の凸凹道