5日間のファスティング体験と隔離生活

ウガンダで宅配事業をしている伊藤です。

2週間ほど前にウガンダから日本に退避便に乗り帰国しました。ウガンダは3/21から国境封鎖しており、特別の退避便が出た事で国外に出る事が出来ました。

国の方針に従い、14日間の自主隔離生活を送っておりました。

隔離といっても、食料の買い出しや人と接触のないウォーキングなどは可能との事です。

最初の数日間、体調不良などもなく体調も万全でした。

ウガンダに感染者が少ない事(4/19現在でも60名弱、死者はゼロ)、ドーハ経由の飛行機・成田の検疫待ちでもウガンダからの邦人に囲まれていた事から感染の可能性は非常に低いと考えています。

隔離期間中は退屈な日々が続くかと思っていましたが、14日間ずっと意外にバタバタ忙しい日々を送っておりました。

日中は3月末の会計を締める作業に加え、 ポストコロナの世界を考えたり、そのためのインプットを仕入れる時間として有効活用しています。

また、お陰様で、世界にいる色々な知人から声をかけて頂き、毎日1-2回はZoomでおしゃべりしています。

部屋の中でも、いつもより少し多めにストレッチや筋トレ、瞑想などを挟んで気分転換しています。

なぜ、ファスティング?

さて、ファスティング(断食)ですが、特に明確な目的などはありません。

体重も高校時代から変わらず、体脂肪も高校時代からずっと10%前後を保っています。

ではなぜやるか?

Read more