ピンチをチャンスに (突然の契約破棄からの)

12月入ってすぐの事。
宅配を依頼している代理店(Agent)からいきなりサービス打ち切りをされました。

何があったのか。

 

弊社は、ウガンダ120県全国に宅配をしています。
ただ、自社で宅配出来る地域は限られており、各地方へは信頼できる代理店と契約して宅配しています。

カンパラにオフィスがあり、その地域に所縁がある会社を選別し、地方への配送を依頼しています。
元々は10社以上と契約をしていましたが、今は選別して5-6社前後で120県をカバーしています。

弊社の場合、7割がオンラインショップの宅配。その9割以上は現金代引である事から、非常に通常の宅配と比べても信頼性の高い取引が求められます。(商品を届けた際に顧客から代金を回収し、それを銀行送金やモバイルマネー送金してもらうため)

 

Read more

アフリカのオンラインショップの潜在性と課題(2)

前回は、アフリカでのEC(オンラインショップ、デジタル流通業界)のポテンシャルについて紹介した。
今回は、大きなポテンシャルがあるにもかかわらず、それを阻害する要因について紹介したい。

(私はこの言葉は好きではないが)ラストフロンティアと称されるように、経済的に取り残された大陸と言われるだけあり、当然だが、経済開発的に社会開発的にも多くの課題がある。

ただし、これらのマイナス要因をそのままネガティブに捉えるのではなく、それゆえ既存産業、既存プレイヤーなどがおらず、リープフロッグを生み出す環境である事は先に付け加えておきたい。

 

1.脆弱かつ未発達な物流

 

まずは、弊社がラストマイル配送で関わるロジスティクスの問題から見ていきたい。

Read more