Made in Kenyaのブランド

ナイロビの鞄ブランドSand & Stormの工房

ナイロビの鞄ブランドSand & Stormの工房

(英語のあと日本語)

I often hear from local Kenyans that Kenyans, especially who grew up in Kenya, don’t really prefer Made-in-Kenya brands when in comes to some design and fashion. Possible reasons for that, according to those Kenyans, include: 1) Kenyans don’t have trust in the quality of locally made products (this is partially due local companies also need to compete with other cheap options including made-in-Asia products and second-hand clothing), and 2) Urban Kenyans do want to be a part of global trend so do not necessarily support local brands.

Nonetheless, there are a number of brands that are leading a new movement of creating and promoting made-in-Kenya / made-for-Kenya brands. I met CEOs of some of those brands and visited their workshops. Let me introduce three here.

1.Vivo – Activewear brand, CEO: Wandia Gichuru

Vivo is sort of like Lulu Lemon. They develop activewear using colorful jersey fabrics and produce comfortable garments for women. I would say they have more dresses and daily wear than Lulu Lemon. They now have 8 retail locations in key malls across Nairobi in addition to their own online retail store.

The founder Wandia is a former international development expert who worked for the World Bank and other organizations in multiple countries including the UK, Mozambique, Sudan, Uganda, and the US before starting her own brand in Nairobi. She sources fabrics mostly from China as stretchy fabrics are not locally available, and houses her own workshop to produce all her garments.

She is also passionate about working with other creative entrepreneurs in the region: She sources jewelry from Kigali while also does capsule collections with young local designers like Wambui Kibue.

2.Sand & Storm – Urban Safari canvas/leather bag brand, CEO: Mark Stephenson

I first met Mark in Ethiopia at an expo/trade fair called Origin Africa which promotes and facilitates businesses around made-in-Africa fashion/lifestyle products. Mark is a Scottish entrepreneur who came to Nairobi, fell in love with the then-safari tent company, and invested his own capital to manage and build this Sand & Storm brand.

I visited his office/workshop and caught up with him in Nairobi. He’s quite ambitious about growing his brand inside Kenya, across the region, and overseas. He also sees potential in the growth of Kenya’s leather industry as there will soon be opening a leather park in the industrial area in Nairobi.

3.KikoRomeo, – High-end fashion brand, MD: Ann McCreath

KikoRomeo is one of the household names in Kenya when it comes to fashion. Founder Ann is a Scottish fashion design professional who was trained in Italy and worked in Spain. While she’s the designer, the brand is really about Kanya and Africa, and she’s been building Kenyan/African brand for the past two decades.

Ann also actively involved in supporting other African designers, and also organizes bi-annual fashion/art showcase events featuring multiple designers and photographers across the Africa continent.

Each CEO has his or her own challenge, but they both have the vision to create globally-renown, successful Kenyan brands, and they not only do that by building their own brands, but by collaborating with other local creative designers and artists. Such collaborative efforts are the key to create a larger ecosystem to build strong brands that represent Kenya and Africa.


ケニア人と話していると、特にケニアでずっと育った人は、デザインやファッションに関してあまりケニア製ブランドを好まないという話を聞きます。その理由は、品質が信用できないというのが一つ。(これはアジアから輸入される安い商品や、大量流入する古着市場との価格競争があるということも要因としてあると思います。)もう一つは、ナイロビなどの都会っこは、グローバルのクールなトレンドをフォローしていたいという理由があるようです。

一方で、メイドインケニアのうねりを、活発化させようと取り組んでいる数々のブランドがあるのも事実です。代表的なブランドの一部の経営者とその工場を訪ねたりもしているので、いくつか紹介したいと思います。

1.アクティブウェアブランドのVIVO(CEO: Wandia Gichuru)

Vivoは、カナダのルルレモンの的なブランドです。カラフルなジャージ素材を使った、女性用の快適なドレスとアクティブウェアを展開しています。ルルレモンより、普段服やワンピースなどの展開の幅が広いかもしれません。現在ナイロビの主要なショッピングモールで8カ所の店舗を構えており、自社のオンラインサイトでも販売しています。

創業者のWandiaは国際開発のエキスパートとしてのキャリアを積み、世界銀行などを含めた様々な団体で、イギリス、モザンビーク、ウガンダ、スーダン、米国などの場所での経験を経て、ナイロビでこの事業をスタートしました。Vivoでは(ジャージ素材は東アフリカでは入手困難なため)基本的にファブリックは彼女が直接中国で買い付けをし、自社内の工場にてパターン、縫製などをしています。

Wandiaはほかの起業家との連携やサポートも積極的に行っており、キガリのジュエリーデザイナーの商品を展開したり、ナイロビのデザイナーWanbui Kibueとのカプセルコレクションも展開しています。

2.都会的サファリをテーマにした革・キャンバスバッグブランドのSand & Storm(CEO: Mark Stephenson)

Sand & StormのMarkとは、はじめエチオピアで開催されたOrigin Africaという展示会イベントで知り合いました。Origin Africaは、アフリカ製のファッション・ライフスタイル商品を紹介し、新たなビジネスや貿易を促進するイベントです。Markは、スコットランド出身ですが、当時サファリキャンプ用のテントなどを製造していたこの会社を知ったことをきっかけに、自ら投資もして、Sand & Stormブランドの育成にコミットしています。

最近、彼らの工場にもいき、Markの話も聞いてきましたが、今後ナイロビの外を含め、ケニア、アフリカ各国、欧米などの展開を積極的に進めていく予定だそうです。ナイロビには皮革に特化した、工業団地も設立される予定で、産業全体の成長にも期待です。

3.ケニアを代表するラグジュアリーファッションブランドのKikoRomeo(MD: Ann McCreath)

KikoRomeoは、ケニアを代表するラグジュアリーファッションブランドの一つです。創設者のAnnは、スコットランド人ですが、イタリアでデザインの勉強をし、スペインでキャリアを積んでいます。彼女がブランドのデザイナーではありますが、ブランド自体はケニアやアフリカを象徴するものであり、Annは過去20年かけてケニアブランドとしての地位を確立させてきました。

Annもまた、アフリカの他のクリエイターたちとの協業や育成に努めており、アフリカ各地のデザイナーやフォログラファーなどをイベントを、隔年開催しています。

ここで紹介したそれぞれのCEOは、独自のチャレンジも抱えていますが、ケニア発のグローバルに通用するブランドを作るというビジョンは明確です。また、自身のブランドだけでなく、様々な地元クリエイターとのコラボレーションに対して積極的なのも特徴的です。こういったコラボレーションは、セクター全体を盛り上げ、ケニアやアフリカを代表するようなブランドを構築する鍵を握っているといえます。

産官学連携へ

Mpho @Johannesburg

Mpho @Johannesburg

(英語のあと日本語)

My business partner, Mpho, is a dual South African-US citizen. She was born in the US during the apartheid as her parents were exiled from South Africa until the end of the regime. Mpho and her family then returned to SA where Mpho did her Bachelor’s and Master’s in fashion and textile design technology.

Mpho and I rarely talk about our lives before we met because both of us know that we share our future and we went through the challenges of our own. That’s good enough. However, I should probably have known that she had different last names in her South African ID and American ID (due turmoil during the apartheid), which created months of waits before a contract to be signed…

But the contract was finally “signed, sealed, and delivered” yesterday. We still cannot fully disclose the detail yet, but this will create an amazing structure to work with the government, school, and the private sector, and it will be a step forward for us to energize the creative economy in South Africa and beyond…

Are we celebrating? Not quite yet, but will get there!
Kudos to my most talented designer, Mpho Muendane. She will be a new role model of “black African women” (I have to emphasize this in this context) leading the creative industry.


私のビジネスパートナーのムポは、南アフリカと米国の両国籍を持っています。南アフリカがアパルトヘイト政権時代に、ご両親が米国に亡命しなければならなかった経緯で米国で生まれ、アパルトヘイトが終わったあと家族で南アフリカに戻り、そこでテキスタイル技術の学士・修士を取得しています。

ムポと私は、基本的にあまり出会う以前の話をすることはありません。それは共通の未来のビジョンにより重要性を感じているからで、過去はそれぞれのチャレンジを経てきたということの共通理解があればそれで十分だからです。たまにサプライズもあります。例えば、彼女の南アフリカと米国のオフィシャルの苗字が微妙に違うということ。これはアパルトヘイトなどの混乱などで起こってしまったことなのですが、これのせいである契約書の締結までに気が遠くなるほどの時間がかかってしまいました!

しかし、昨日、ようやくその契約書がまとまり、締結されました。詳細の発表は今後になりますが、産官学連携のプロジェクトがスタートすることになります。そして、南アフリカ、そしてアフリカのクリエイティブエコノミーをもっと盛り上げることになると思います。

お祝い?というより、粛々とやるべきことを進めていくまでです。

ムポのように才能ある黒人女性の(この文脈において強調すべき点)デザイナー、そして彼女に続く若手のクリエイターがもっと活躍できるようなモデルを作っていきます!

選択肢の有無・多少における諸々の課題

Is this a land of opportunity or...?

Is this a land of opportunity or…?

(英語のあと日本語)

As a part of my high school assignments, I read the book called Illusions: The Adventure of a Reluctant Messiah by Robert Bach, the author of Jonathan Livingston Seagull. While I had to go to Wikipedia to refresh my memory about its plot, I remember one key message that we discussed in the classroom: Life is all about making choices. As much as the statement seems to be an obvious one, I still think that we sometimes forget it, or take it for granted.

More complicated the world gets with multiple layers of globalization, information technologies, connectivity, climate changes, terrorism, and so on, individual choices, as well as business decisions and policymaking (particularly within a democratic society), become more complicated ones. In the context of the international development, the choices around creating a more sustainable society or ecosystem always create tensions between more developed and less developed economies.

Such tensions are almost unavoidable if you’re committed to having your life/career focus in Africa even though you’re not directly involved in the field of international development. And more interaction I have with people in the African continent, more uncomfortable I feel when Japanese people (or other people outside the continent) make blunt statements like, “I didn’t like it when Maasai people were too commercial,” or “Africa should figure out the way to remain as is (e.g. less industrialized/developed).”

I feel uncomfortable not because people express such opinions are necessarily wrong or ignorant. I feel uncomfortable because I also do always hear people like Kenyans saying, “we will/want to become like Japan/US (aka developed economies)” or “It will take another 100 years for us to become like Japan.”

So how can we avoid these tensions without screaming some soundbites and keywords like sustainable development or fair trade? I believe that there are at least three key elements: 1) Education, 2) The economy of quality, and 3) Value chain re-engineering.

Education is about unlearning and relearning. It is about empathizing others instead of sympathizing them. Unlearning part is probably more important yet difficult. When we encounter something new, we always filter it based on our past experiences and make a reference to them. One exercise to overcome might be to question existing filters and values by thinking of a completely opposite situation. What if the poorest we think is the richest in a real sense? What if the ugliest we think is the most beautiful? What if the slowest is the fastest?

The economy of quality is something that we should be discussing more as much as the economy of scale is discussed. The majority of businesses still operate under the principle of making things cheaper and faster. Probably economies of quality can be assessed when we think of a small unit of economies coupled with the sharing economies. How can we create small units of self-sustaining economies that are neither competing with each other nor being silo still allowing the free movement of people and goods?

Value chain reengineering includes any types of innovations around value chains and new business models that challenge existing ones. Shorter the value chain it becomes better the values are communicated. Better e-commerce experience (or general digital experience), logistics, and beautiful design play key roles in this element.

And these are all truly relevant to the strategic choices of what we do and where we do as Maki & Mpho. Our brand is all about education – questioning the existing values and paradigm and presenting something new using designs that tell stories. We are now less focused making physical products which can create short-term economic return because we believe that ultimately Africa’s intellectual property including its long-held philosophical/cultural wisdom and limitless creativity – these elements of quality – are the moneymaker. And we challenge existing ways of doing things including trade shows and fashion shows while seeking an alternative model of born global market creation.

The challenge is that I also need to keep challenging myself from being inclined to follow existing business practices and thinking I’m really stupid…


昔、高校の課題で、「かもめのジョナサン」で有名なリチャード・バックが書いた「イリュージョンー悩める救世主の不思議な体験ー」を読みました(私は原文で読んだのですが、今初めて調べたら日本語訳の集英社のバージョンは表紙や副題の印象が全く違って驚いた)。プロットは正直Wikipediaで復習しないと思い出せないぐらい忘れてしまいましたが、ディスカッションの中で印象に残っているメッセージがあります。それは、人生は選択だというものです。特別なメッセージではなく明白なことですが、我々はこのことを忘れがちであったり、当然のこととして捕えているのではないかと思います。

重層化したグローバリゼーション、情報技術、コネクティビティ、気候変動、テロなどによって、世界情勢がより複雑化することで、個々人の選択肢、そしてビジネスや政策における判断がより複雑化します。国際開発の文脈においては、持続可能な社会もしくはエコシステムの構築における様々な判断は、常に、「先進国」経済と「発展途上国」経済の間での対立を生みます。

こういった対立構造は、例え直接国際開発の分野に携わっていなくても、アフリカにコミットした人生・キャリア設計をする上で、避けられない課題です。そして、アフリカ現地の経験や、アフリカ人との関わりが増えれば増えるほど、日本人などの些細なコメントに違和感を感じてしまいます。それは例えば、「マサイ族の人々が、商業化しすぎていてイヤだった」とか「アフリカは、(工業化・近代化などせず)そのままの姿を残すべき残すべきだ」といったようなコメントです。

こういった意見表明が必ずしも間違っているとか、彼らが見識がないというところから、違和感を感じるわけではありません。違和感を感じるのは、ケニア人などが、「我々も日本やアメリカのような国になる(なりたい)」という意思表示や、「日本のようになるためにはあと100年ぐらいかかるかな。。」というようなコメントも耳にしているからです。

持続可能な開発やフェアトレードなど、キャッチーなフレーズやキーワードを使わずして、どのようにこういった対立構造に向き合えばいいのでしょうか。私は3つの要素を重要視しています:1)教育、2)品質の経済、そして3)バリューチェーンの再構築です。

教育は、リセット(アンラーニング)とリラーニングのセットです。他者に対して感情移入するのではなく(シンパシー)、論理的に相手の立場からの視点で物事を考え、感じることです(エンパシー)。アンラーニングは、重要であると同時により難しいと思います。私たちが新しいものに出会うとき、たいてい過去の経験のフィルターを通じて、それらの経験を参照してしまうからです。一つのやりかたは、既存のフィルターや価値観をチャレンジするような、真逆の状況を考えることかもしれません。我々が思う最も貧しい状態が、実は最も豊かな状態だとしたら?最も醜いと思っているものが、最も美しいものだったら?もっとも遅いと思われるものが、最も速いものだとしたら?

品質の経済は、規模の経済と同等レベルでもっと議論されるべきだと思っています。多くのビジネスは、より安く、より速くといった原則に基づいて成り立っています。品質の経済は、シェアリングエコノミーを伴う、小規模経済における成り立ちを考えるほうが、評価しやすいのかもしれません。どうすれば、自給自足的な小規模のエコシステムを構築しつつも、お互いが競争しあったり、孤立化したりせずに、人やモノが自由に行き来するようなかたちを作ることができるでしょうか。

バリューチェーンの再構築とは、バリューチェーンに関する革新や、既存のビジネスモデルを見直しなどです。バリューチェーンの端と端が短くなればなるほど、よりよい価値の伝達につながります。よりよりイーコマース(もしくは一般的なデジタルエクスペリエンス)、ロジスティクス、そしてデザインがカギを握っています。

ここに記載した3つの要素は、Maki & Mphoが、どこで何をおこなうのかという戦略的判断に、密接に紐づいています。私たちのブランドは、既存の価値観やパラダイムにチャレンジし、デザインとコミュニケーションを通じて、新しい価値を提案するという意味において、教育そのものです。今、短期的な利益を見越した、物理的なプロダクト開発に、あえて注力していないのは、常に存在していた哲学的、文化的な知恵や知見と、限りなき創造性など、アフリカの知的財産(これらの質の要素)こそが、究極的な経済的価値を作り出すと考えているからです。さらに、展示会やファッションショーなどの既存の王道的なビジネスのやり方をチャレンジし、新しいBorn Globalな市場構築を目指しているのです。

(言うは易しですが)一番のチャレンジは、既存のビジネスモデルを疑い続け、自分がただのトンチンカンではないのだと、自分自身を信じ続けるかもしれません。

「アフリカ」は日本をグローバル化できるのか?

FullSizeRender (8)

(英語のあと日本語)

At the business conference during TICAD VI, I heard one of the speakers mention that Japan’s investment in Africa means Japan’s next phase of the globalization. Whatever he actually meant by that, that statement itself to me was an interesting one.

So the question is: Can “Africa” globalize Japan?

I put the quotation marks on Africa because it doesn’t refer to the geographic area, specific region/countries, or people. “Africa” in this context is more of a political and economic keyword, a certain mindset or a perspective that can potentially lead to more specific discussions. And “Africa” IS about global and diversity.

To be honest, I personally don’t necessarily want to become a bridging agent between Africa and Japan. I rather want to become a bridging agent between African and the rest of the world. And we do it by creating a globally competitive brand. And we do it by working with other Africans and people from other nationalities creating a diverse team.

And by doing so, by NOT being a Japanese representative, but rather one of the global players, I believe that I may be able to help Japan become more globally minded.

(By the way, the reason why I continue to write every blog post both in Engish and Japan is also because of this belief even though I sometimes feel like giving up as this takes almost twice time and effort!)


TICAD期間中のビジネス会議では、アフリカへの投資は日本のグローバル化の次なるフェーズを意味するといった発言もありました。その真意は分かりかねるもの、個人的には興味深い示唆だと思いました。

つまり、「アフリカ」は日本をグローバル化できるのかという質問です。

アフリカのカギカッコしているのは、これが地理的な場所や、特定の地域、国、人々を示しているのではなく、潜在的にはより具体的な議論につながるであろう政治経済的なキーワード、もしくはマインドセットや視点だからです。そして「アフリカ」はイコール、グローバルであり多様性です。

正直、個人的にはアフリカと日本の架け橋になるつもりはありません。むしろ、アフリカと世界の架け橋になりたいのです。グローバルに通用するブランドを作ること、そしてアフリカ人や他の各国の人々と多様なチームを形成することで、それを実現したいと思っています。

そしてそうすることで、つまり日本代表という感覚ではなく、グローバルプレーヤーの一員として活躍していくことで、日本にもっとしなやかなグローバル感覚を普及していくことができればいいなと思っています。

(このブログを英日のバイリンガルで書いているのもそういった想いからです。意外に手間と時間がかかって諦めたくなるときもありますが。。。変な日本語になってもとりあえず発信していきます!!)

ケニアのe Citizenでビザ取得!

Kenya eVISA

(英語のあと日本語)

In 2014, Kenya launched the eCitizen portal site for its citizens and visitors to get access to various public services including applying for a passport or a visa. Since its launch, the number of people who registered on the portal has been growing. According to a news source, as of February this year, 1.23 million Kenyans registered on the portal and 2.4 billion shillings (roughly 24 million USD) have been collected. Besides its growth potential, there are several aspects of this service that I think is amazing:

  • It is cost effective: This is an obvious benefit as you can cut middlemen and administrative costs. The service can also save users’ opportunity costs coming from having to go to government offices during their open hours, and queuing up in long lines.
  • It can address corruption: Online transactions create more transparency in fees and payment, and consequently discourage corruption.
  • You can pay via mobile money including M-Pesa (Vodafone/Safari.com run leading mobile payment service in Kenya).
  • It is meant to be a one-stop portal: Citizens can seamlessly access to various services provided by various agencies. Once fully implement, the portal can allow citizens to access to 15 services including various licenses and certificates.
  • It saves time: I applied for eVISA and my visa was ready just in 2 business days.

My visa application via the ePortal was super easy as well. You basically need a digital file of a passport size photo, a scanned copy of passport, and hotel booking info, and you are good to go… I hope that they soon set up the portal ready for the East African Tourist visa which should encourage more travelers to visit the Kenya, Rwanda, and Uganda.


2014年、ケニア政府は、パスポートやビザ申請など、国民や訪問者が様々な公共サービスにアクセスできるポータルサイト、eCitizenを立ち上げました。ロンチ後、利用者は着々と増えているようで、ニュースソースによると、今年の2月時点で、ケニア人利用者は123万人を超え、24億ケニアシリング(2400万USドル)の徴収があったようです。まだまだポテンシャルがありますが、その可能性以外にも注目すべき点がいくつかあると思います。

  • コスト面のメリット:仲介業者や様々なアドミンコストをカットできるというのは自明の益です。また限られた平日のビジネスアワーに各機関に行って、長い行列を待ったりすることで発生するユーザーの機会コストも削減されます。
  • 汚職の防止:オンライン取引によって、フィーや支払いの透明性が増し、汚職防止につながることが期待されます。
  • M-PESA(ボーダフォンとサファリコムが提供する、ケニアナンバーワンのモバイルマネー・ファイナンスサービス)などのモバイルマネーで支払い可能です。
  • ワンストップポータルとして、国民がシームレスに様々な機関の公共サービスにアクセスすることができます。最終的には15のサービスが導入される予定で、各種ライセンスや証明書発行の手続きが行われます。
  • 時間短縮のメリット:私のeVISAも約束通り2営業日後には発行されました。

今回、渡航にあたってeVISAを取得しましたが非常に簡単でした。パスポートサイズの写真、パスポートのスキャン、ホテル情報などのデジタルファイルがあれば、すぐに申請できます。まだ実装されていないのですが、ケニヤ、ルワンダ、ウガンダの3国をまわれる東アフリカ観光ビザもeVISA化できればもっと旅行客が増えるのではないかと期待します!

東北でアフリカについて考えた

Print

(英語のあと日本語)

I was in Miyagi and Iwate for the first time after the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami. It was completely a private trip that I had to take due my family’s plan, but I had this weird feeling that “I have to DO SOMETHING.”

I always have a self-conflicting moment wherever I have this feeling. A philanthropic and altruistic self is on this suddenly-emerging unknown mission to “help” people who are still recovering from various challenges aftermath the earthquake. On the other hand, rather sarcastic and practical self is hating my other self “trying to help.”

I am quite familiar with this feeling. Since I began to be aware of the professional field of international development (probably in high school), I’ve always had this feeling that I want to do something to address challenges in less developed countries especially when the motif of action comes out of sympathy. And I do not like it because sympathy does not last. Sympathy is not sustainable.

One thing that I am absolutely confident about my business Maki & Mpho is that this will sustain at least so long as founders live. It will sustain not because of our business model, because such thing will change, but because our premise is about creating more happiness rather than mitigating sadness or misery.

We focus on creativity and multiply that positive energy to bring social, economic, and cultural prosperity. We focus on entrepreneurs who already see the positive side of things because we believe that is more effective and efficient. We want to create a model that is similar to what Endeavor does: They focus on high-impacting entrepreneurs who are already making a difference to multiply the impact.

I personally focus on and work with African creators and innovators to share more positive stories from the African continent. I focus on the positive side not because I don’t see any problems but I believe that positive stories can bring a virtuous cycle to attract more people, capital, and other resources to the African continent.


東北の地震のあと初めて宮城県と岩手県にいきました。家族の都合という完全プライベートな旅でしたが、「何かしなくては」というなんとも言えない感覚がありました。

この感覚があるとき、私はいつもジレンマと感じています。フィランソロピー的で利他的な自分は、地震のあとまだ様々な課題をかかえる人々を「サポート」したいという具体性のないミッションを抱えています。一方、サーカスティックで現実主義的な自分は、そういう感情をもつ自分に嫌悪感をもっています。

この感覚は今にはじまったものではなく、おそらく高校生ぐらいのときに国際関係や国際開発といったプロフェッショナル領域を意識し始めたころから感じています。いわゆる開発途上国の課題に対して何かをしたいと思つときの感覚です。それが同情のようなものにつき動かされているときとくに。同情というモチベーションは好きではありません。同情には継続性がありません。

今取り組んでいるMaki & Mphoのビジネスに関して、一つ確信をもっていえるのは、我々創業者が生き続ける限り継続性があるということです。ビジネスモデルなどは変化に対応していくので、それは本質でなく、アフリカビジネスにおける前提的なコンセプトが、それを可能にすると考えています。つまり、私たちは悲しみや困難の解決ではなく、幸福感の増大に焦点をおいていることが重要なのです。

クリエイティビティに焦点をあてて、それを増大することで、経済、社会、文化的な繁栄を導くーすでに物事のプラスの側面を見ることができている起業家に焦点をあてるのも、その方が効果的で効率的だと思うからです。エンデバーという、起業家支援団体は、すでに成果をあげている「ハイインパクト起業家」に焦点をあてることで、社会をよりよくしようというモデルを確立していますが、私たちもそういったモデルをつくりたいと考えています。

私自身の役割は、アフリカのクリエイターやイノベーターに焦点をあてて協業することで、アフリカからもっとポジティブな物語を発信していくことです。ポジティブな面に焦点をあてるのは、課題が見えていないわけではなく、ポジティブな物語こそが、アフリカが人や資金などのリソースをもっと惹き付ける鍵になると考えています。

ルワンダをGoogleすると。。。

Kigali

(英語のあとに日本語)

When you Google Rwanda (in Japanese), the top results are mostly about genocide(esp. image results). While many Rwandans I met in Kigali have already moved on (of course, some may consider the “talk” as a taboo) and are celebrating the new era of entrepreneurship and economic prosperities, many “outsiders” still seem to be hoping to talk about one of the saddest events in the history of humankind.

While I don’t suggest us to forget the event, I also want to help non-Rwandans to see something more about Rwanda based on my first-hand experience in Kigali last September and second-hand research of reliable sources.

If you have no idea about the city of Kigali or only have know about the genocide or gorillas, you would definitely have the 180 experience. To me, Kigali is one of the most non-local friendly cities.

  • You can be mobile using motorcycle taxis. (And you won’t have one of those crazy situations where you see too many passengers on a single moto – Kigali only allows one passenger on a moto and the helmet is obligatory. You also have a new great Uber-like service called SafeMotos, a startup my friend started.)
  • You feel completely safe even at night. (To be honest, I love-loved how we can go up/down hilly roads at night feeling the air! – Okay, that might be a bit too much adventure for some of you.)
  • You can jog around the hilly road and get some exercise.
  • You will get gigantic avocados at local markets for nothing.
  • And more importantly, you have a vibrant entrepreneurial community which is a mix of local and international entrepreneurs. (More to be shared in upcoming blog posts.)

While I personally love Nairobi’s much larger entrepreneurial community, I definitely recommend people to visit Kigali especially if you have never been to any cities in the African continent.


日本語で「ルワンダ」とグーグルすると、トップの検索結果はほとんど虐殺関係のことです(特に画像検索)。私がキガリで出会ったルワンダ人たちは、(タブーなどもありますが)起業家や経済発展に象徴される次の時代に移行しているものの、日本人をはじめとする「外国人」はどうしても、人類史上もっとも悲しい出来事の一つである虐殺について、どうしても触れずにはいられないという印象です。

もちろんこの歴史を忘れるべきではありませんが、個人的には、私が去年9月に現地で直接経験したことや、現地などから発信される信頼のおける情報源から入手しているできごとをもっと届けたいと思います。

特にルワンダのイメージが虐殺やゴリラといった限定的なものしかない人たちにとっては、今のキガリの姿などは180度のイメージチェンジになると思います。キガリは一言でいうと、外国人(=国際的感覚をもった日本人)に優しい街だと思います。たとえば。。。

  • モータータクシーでどこにもいけます!(しかもたまにアジアなどで見かける1台に何人も乗っている状態ではないです。キガリではそれは禁じられていて、ヘルメットもマスト。たまたまボストンで出会った知人が始めたベンチャーですが、アプリで呼べて手軽なウーバーのようなサービスSafeMotosも活躍しています。)
  • 夜でも危険を感じることはありません。(実際、私はバイクタクシーで夜風を受けながら、丘陵地帯の道を駆け抜けるのがすごく好きでした!これは全員にはおすすめできないかもですが。。)
  • 外をランニングできます!(こういうことはできないアフリカの都市も多いので。。。)
  • 巨大なアボカドが激安です。
  • それからもっと重要なことに、ローカルと外国人が入り交じったわくわくするような起業家コミュニティもあります。(詳しくはまた後日ご紹介します)

個人的にはナイロビのもっと巨大な起業家コミュニティが好きですが、アフリカにまだ訪れたことのない外国人にはとってもおすすめなのがキガリです!

 

「蛙飛び」イノベーション

Leapfrog...

(英語のあとに日本語)

I believe that the bright future of the African continent is summarized into one word: Leapfrog. It is not just The Economist that talked about Africa as “The leapfrog continent“: I came across a number of examples where African innovators do leapfrog when I was researching emerging market businesses in the grad school in the US.

The leading example is the mobile phone technology. According to GSMA Intelligence, the unique mobile penetration rate in African as of 2015 is 46% and is expected to grow by 54% by 2020. You may think that the rate could be higher, but the power of mobile phones is beyond communication: Mobile phone technology is delivering financial inclusion to the unbanked populations in 42 countries in Africa via 157 service providers as of June 2016 according to the same source. This means that some Africans can go directly from cash transaction to mobile money by leveraging the latest and affordable technology.

Leapfrogging, I believe, can apply to Africa’s creative class as well. By leveraging the latest and affordable technologies such as digital printing, social media, and internet (yeap, no more capital I), Africans can realize their creative ideas without much infrastructure or can easily access to infrastructure elsewhere.

Africa may still luck key infrastructures to address basic human needs, but by means of leapfrogging, I believe that Africans can rather quickly build globally-competitive businesses. And that’s what I’m trying to realize with Mpho and fellow African creators, and that’s why it is absolutely crucial for us to create an African business that is born global.


アフリカの明るい未来を表現するキーワード。それは「リープフロッグ:蛙飛び的イノベーション」だと私は思います。イギリスの経済誌エコノミストも、アフリカ大陸を「リープフロッグ大陸」と表現していましたが、私が米国の大学院で新興国ビジネスの勉強をしている時も、アフリカのイノベーター達のリープフロッグの例によく遭遇しました。

一番の典型例はモバイルの技術です。(世界のモバイル関連のデータインテリジェンスを扱う)GSMAインテリジェンスによると、モバイル普及率(よくアフリカ人は複数の携帯を持っていたりもしますが、ユニークユーザーベースで)は2015年時点で46%、2020年には54%になるという予測です。もっと高い率でもいいような気もするかもしれませんが、モバイルの力は通信に留まりません。同じGSMAによると、モバイルの技術によってアフリカの42カ国、157のサービスプロバイダーが、銀行口座を持っていない層に対して、ファイナンシャルサービスを提供しているとのことです。つまり、最新の、低コストの技術を活用することで、キャッシュからいきなりモバイルマネーにリープフロッグできてしまうアフリカ人がいるっていうことです。

リープフロッグの考え方は、アフリカのクリエイティブクラスにも当てはまります。デジタル印刷やソーシャルメディア、インターネットを活用することで、インフラが整備されていなくても自分のアイディアが表現できたり、他の地域のインフラに簡単にアクセスできるのです。

アフリカはまだ基本的なヒューマンニーズに対するインフラが足りていないかもしれません。しかし、リープフロッグによって、アフリカ人は世界に通用するビジネスを、比較的クイックに構築できると思います。そしてそれこそ、私がムポや他のアフリカ人クリエイターと共に実現しようとしていることであり、私たちの「アフリカ」ビジネスは、絶対に始めからグローバルなスコープと活動領域をもっているべきだと思っています。

 

ナイロビのクリエイティブクラス

Africa Nouveau

(英語のあと日本語)

Last year, I was traveling around a number of cities in Southeast Africa including Nairobi, Kigali, Addis, Joburg, and Capetown. But I have to say, by far, Nairobi was the most entrepreneurial and creative city among them.

I was lucky to see cultural/creative events in consecutive weekends, and I met so many creative entrepreneurs there! One of the events was called Africa Nouveau, which was started by a musician, Muthoni Ndonga, who wanted to address the lack of platforms for artists, musicians, and other creators to showcase their creative work and started an event called Blankets & Wine, a previous format of Africa Nouveau. As the name of the event suggests, it is basically an opportunity for Nairobians to hang out in the park with blankets and wine while enjoying local designers, musicians, creators, and artists showcase and perform their work.

Such event is also the best way to meet up with many creatives at once – you basically meet all key people there! I had an amazing fun while efficiently getting know many creators in the area.

Do check out their website for more info!!
http://www.blanketsandwine.com/


昨年、ナイロビ・キガリ・アディスアベバ・ヨハネスブルグ・ケープタウンと、南東アフリカの都市をまわっていたのですが、その中でも圧倒的な起業家精神とクリエイティビティを感じたのがナイロビでした。

ちょうど滞在中、2週間連続でカルチャー・クリエティブ系のイベントに参加できたのもラッキーで、そこで多くのクリエイティブ起業家と出会いました!その一つがAfrica Nouveauというもので、自身もミュージシャンであるMuthoni Ndongaが、アーティストやミュージシャン、クリエイターらが自身のワークを発表する場がないということに機会を見出だして、もともとBlankets & Wineというかたちで始めたイベントでした。Blankets & Wineは、その名のとおり、ナイロビの若者がブランケットとワインを持ち寄ってパークに集まって、地元デザイナー、ミュージシャン、クリエイター、アーティストなどの展示やショーを楽しむというイベントです。

こういったイベントは、一度に多くのクリエイターたちに会う最高の機会で、基本的に重要人物とすべてつながることができます!私自身も去年参加したことで、楽しい時間を過ごしつつ、地元のクリエイターたちと効率的にネットワーキングができました。

Blankets & Wineのカッコイイウェブサイトもぜひみてください!
http://www.blanketsandwine.com/

アフリカンルネサンス!!

IMG_3742(英語のあとに日本語)

The African Renaissance: It is time for Africans to take ownership of their own culture and bring it to the global audience.

This is the fundamental philosophy of my business partner, Mpho Muendane. Often portrayed as the last frontier, some people see the African continent as the place where things are lacking. But it is not necessarily true.

Africa is about abundance. It is about richness. That’s what Mpho wants to show to the world using her artwork. And more importantly, it is not just her who wants to do that – there are many creators who are expressing their voices to show the world the richness and diversity of the African culture.

Here’s a website where you can browse some of them! Enjoy!!!
http://africandigitalart.com/


アフリカン・ルネサンス:アフリカ人が、自分たちで自身の文化を世界の人々に届ける。

これは、私のビジネスパートナーである南アフリカ・モザンビーク系アフリカ人のムポ・ムエンダネのクリエーションの根幹にある哲学思想です。アフリカは「最後のフロンティア」として描かれることも多く、アフリカ大陸というと何かが不足しているといった文脈で語られることもあります。しかし、必ずしもそうではない。

アフリカにはすべてが溢れています。豊かさがあります。そういったものをムポは自身のアートを通じて表現しています。そして、さらに重要なことは、ムポだけでなく、多くのクリエイターたちが、世界にアフリカ文化の豊さと多様性を発信すべく、声をあげています。

たとえばこのウェブサイトをみてみてください!アフリカ人発のデジタルアートのキュレーションサイトです。とってもワクワクします!
http://africandigitalart.com/

1 2 3 4 5