ギニアで一番ワクワクする場所

 

こんにちは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカのバー由美子です。

ギニアで一番ワクワクする場所と言えば、活気いっぱいのローカルマルシェ。
マルシェに行けば、ギニアの人たちが普段使っている日用品がなんでも揃います。
マダムたちが、近所で起きた事件簿やあの人はこーなったあーなったなどの噂話をしていたり、時には女性同士の喧嘩が勃発していたりと、ギニアの人たちの日常を感じることの出来るかなりエキサイティングな場所です。

そして、そんなマルシェの中でも私の宝物の様なワクワクな場所なのが、元気いっぱいカラフルなアフリカンプリントが山積みになっている布屋さんの露店です。

先日、イヌワリアフリカの新しいアイテム製作に使う布と、日本のお客様からオーダー頂いた布を探しに行った時に写真を撮ってみました!
ここのマダムたちとは数年前からずっとお付き合いのあるクリアント(常連さん)の関係で、マダム3人が露店を連ねて雨の日もカンカン照りの日でも毎日ビーチパラソルの下で布を販売しています。

布はこうして6ヤード単位で販売されています。 6ヤードでアフリカンドレスの上下1着と頭に巻く布が作れるからです。

こういうお店はコナクリ中に数え切れないくらいどこにでもあって、布もいくらでもあるのですが、その中から「これだ!」とピンっとくるものを見つけるのは結構難しいんです。
イヌワリアフリカの商品を作る前には、半年くらいかけていろいろなマルシェの布屋さんを一軒ずつ回り、気に入った布一つづつ購入し集めていきます。
もうじゅうぶん集まったかなというくらいまでためて一気に服や雑貨の製作に入ります。

布探しは汗だく、泥だらけになって20キロ以上の重い荷物を担いで歩いたり、時には迷子になりそうになったり・・・とかなり大変なのですが、布好きの私には宝探し感覚でとても楽しくやり甲斐があります。

コナクリの街並みはスラムのようなボロボロの住居や、ゴミがたくさん落ちている道路など街並みは綺麗とは言えませんが、マンゴーの木、椰子の木、バオバブなど大きな木が街の所々にあって、その植物のグリーンとアフリカンプリント布の服を身にまとう人々のカラフルな装いがその街並みに溶け込み、なんとも言えない懐かしいホッとする様な雰囲気をかもし出しています。
もしここにこの圧倒的な植物のグリーン、カラフルなアフリカンプリントがなければ、ただの殺風景ななんだか悲しい景色になっていることでしょう。

最近は欧米のように既製品の服を来ている人も増えましたが、今まで通りのアフリカの布を自分で買って、それを仕立て工房でオーダーメイドするというスタイルがいつまでもそのまま変わらないで欲しいなと思います。

今日もこれからマルシェに布探しに行って来ます。今日はお気に入りの布が見つかるでしょうか?

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

 

 

 

ギニアから日本へ旅立ちました

こんにちは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカのバー由美子です。

 

今日はイスラム教の預言者生誕祭という事で、昨夜から今日の朝方まで近所のモスクのスピーカーから祈りの声が聞こえていました。モスクに集まったムスリム達は朝方まで祈り、そのままモスクで寝た人も多いそうで、今日は仕事も学校もお休みの日でした。我が家は夫はギニア人ですがムスリムではないので家の中でイスラムを感じる事はほとんどありませんが、こうして近所のモスクから祈りの声が聞こえてくる時には家にいてもイスラムの世界を強烈に感じます。

 

さて、

日本のお客様方から特別にご注文頂いた品々や、イヌワリアフリカのアフリカ布を使った新しい商品、ジャンベなどを日本へ輸送する手配やその後の処理でバタバタしていましておりました。

そのバタバタでこちらの記事も久しぶりになってしまいましたが、今日は今回の日本への荷物輸送の事などを書かせて頂こうと思います。

 

巨大な女性像で有名なコナクリ国際空港前交差点

新しい商品やお客様への荷物を海外に送る時はいつもコナクリ国際空港のカーゴで輸送しています。
空港のカーゴ便はある程度の量の荷物がないと送料が更に高額なので量が少ない時は経費がかさんで大変です。ギニアからの送料ってとても高いので儲けを出すにも一苦労です。

郵便局だと送料も随分安く、直接お客様の元へ荷物が届くので諸経費がかからなくて良いのですが、以前日本のお客様に国際郵便で送った商品の荷物が届かずどこに行ったか分からなくなった後になんと翌年のクリスマスに配達されたという珍事件があってから、郵便局からの郵送はしていません。

ちなみにDHLだと1週間以内に必ず届け先に届くのですが、1キロで100ドルくらいの料金がかかるので商売には使えません!大切な書類を送りたい時だけはDHLを利用させてもらっています。

ジャンベなどの楽器は重量があって送料が高くついてしまうので、いつかコンテナ輸送出来るくらいのビジネスにしたいという構想(妄想?)はいつも描いていますが、船の輸送も安全なのか?を考えると試すのも怖い感じがします。

 

今回の荷物輸送の様子

 

乗り合いタクシーを貸切にして

今回の荷物は私どもの車1台とタクシーを1台呼んで車2台で空港まで運びました。

 


空港のカーゴ倉庫へ荷物を持って行くとまず警察官が中身チェックをします。

 

 

犯罪防止の為、自分では梱包はしていけない規則になっています。
運送会社の梱包係の男性たちが荷物を丁寧に梱包してくれます。

長年お世話になっている運送会社の梱包係の皆さんと

梱包が終わったら、それぞれの荷物に届け先が記載された紙を貼って荷物の重さを量りに行き、運送会社のオフィスで支払いをしインボイスの控えをもらって終わりです。

お陰様で今回のこの荷物も問題無く日本へ届きましたが、日本に無事に届くまではいつもハラハラドキドキです。ギニアからヨーロッパとアジアの空港を通過しながら日本の空港まで何の問題も無く届く事は本当に奇跡の様で、輸送に関わってくれた全ての人や会社、飛行機、全てのものに感謝の気持ちが湧いてきます。

今回送った日本のお客様からご注文頂いた品々はイヌワリアフリカ日本オフィスから配送され、お客様方の元へ無事届けられたそうで、多くのお客様方から「受け取った品とても気に入りましたよ、アフリカの布はやっぱり元気が出ますね!」「届いたシアバターはやっぱり市販の物とは違う!すごく良いです」という喜びのメッセージが毎日のように届いています。
そういったお客様方からの有難いお言葉から、私も元気をいただいています。

 

今は日本に到着した新しい商品を「イヌワリアフリカネットショップ」に掲載する為の準備に日々追われています。ギニアの職人さんたちと作った新しい商品を日本の皆さんに気に入って頂けますように!

 

以前の記事でご紹介した藍染のパンツが一押し商品です。

ギニアのフラ族に伝わる伝統藍染のいろいろな柄の布をパッチワークにして縫い合わせて作ったパンツ

仕立て屋工房で修行中の女の子が足踏みミシンでパンツを製作している様子

 

ブランド・イヌワリアフリカとして商品化したい物のアイデアはいっぱいありすぎますが、思っている通りに何かを形にすることはなかなか難しいので一つずつ確実に現実化できる様、行動あるのみ!
コナクリ中ギニア中を駆け巡らねばと思っています。

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

 

 

 

イヌワリアフリカが支援先として!

 

こんにちは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカのバー由美子です。

この度、「第二回日本Africa起業支援イニシアチブ」の支援先として、なんと我がイヌワリアフリカがエントリー致しました。

支援先に決定というお知らせを頂いた時は、本当に嬉しくて息子の前でしたが、恥ずかしさも忘れ、ワンワン女泣きしてしまいました。
この感謝の気持ちは文字、言葉では表せません。本当にどうもありがとうございました。

2010年にギニアに拠点を移しイヌワリアフリカを立ち上げてから現在8年目、一緒に物作りをしてくれているギニアの人たち、布を売っているおばちゃんたち、伝統楽器のミュージシャンやアフリカンダンサーの仲間たち、日本の事業パートナーであるNPO法人一期JAMに助けられ、そして自分の想いを意地でも実現させたいという信念を持ちここまで活動を続けて来ました。

 

 

大統領選挙関連の暴動、エボラ出血熱流行などで政情不安が繰り返されとても大変だったギニアの生活の中で、ギニアの人たちと7年間、どんな事があっても諦めずにやってきた事に対して、今回このような形で前に進むことが出来るチャンスを頂けた事、本当に感謝しております。

アフリカンファッション、ジャンベとダンス、そしてギニアが、ギニアの人たちが大好きだから続けて来た事が、これからもっともっと確実に一人一人の幸せに繋がる様に、ギニアの魅了を多くの方々にご紹介し、それによって幸せな気分や何か大切なものを感じて頂いたり、それと共に私たちがギニアで生活しているからこそ分かるギニアの人たちが実際に抱える問題も発信し、それが解決に繋がって行く事を目指しこれからも活動を続けます。

今回は、この私が描いて来た想いを認めてそして後押しして下さるこのような素晴らしい機会を頂けた事に本当に感謝しております。夢は思い続けてそれに対する情熱を失わず、踏ん張って行動を起こし続けていれば、実現に向けての何か大きな力が動きだすのだという事を感じる事が出来ました。

この素晴らしいプログラム「日本アフリカ起業支援イニシアチブ」に関わる全ての方々に心からお礼を申し上げます。本当に本当にどうもありがとうございます。

そして、最後に、外国人と結婚し外国に住むという事を夢見る人が大多数であるこのギニアで、せっかく日本人の私と結婚し、ギニア人の憧れの国の日本に行き10年暮らし生活の基盤を作ったにもかかわらず、わざわざまた様々な困難が待ち構えているギニアに戻ってギニアで活動をするという、他の人が決してしない挑戦をしながらいつも協力をしてくれている、仕事のパートナーの夫にも感謝を述べたいと思います。

それでは、イヌワリアフリカのこれからの活動の様子、ギニアの事、など引き続きこちらで発信させて頂きますので、どうぞ私たちの活動をも守って下さい!宜しくお願いいたします。

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

Inuwali Africa FBページ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

イヌワリアフリカのモデルさんには、地元の伝統楽器ミュージシャン、ダンサーを起用しています

ギニアの伝統製法のシアバター

おはようございます。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。

 

日本ではカサついた肌の保湿に良いとして人気のある西アフリカのシアバターですが、ギニアでは保湿用というよりも、薬として、栄養のある食用油として使用されています。
肌の保湿用であれば、ギニアの人は、今ではシアバターよりも欧米から輸入されたクリームやオイルを使っている人が多いと思います。
確かに保湿オイルとしては最高のものなのですが、ギニアはコナクリだと湿気もあるので肌はそんなカサカサにならず私も保湿用には使ったことがありません。

 

これなんだか分かりますか ?

 

 

これ薬草に包まれたシアバターなんです!
これが正真正銘の伝統製法で作られたギニアのシアバターです。
手作りで作られた後はこの姿で保管されるんです。

 

昨日は、日本のお客様からご注文頂いたシアバターを買いにこの女性の元を訪ねました。
彼女、絶対に自分の顔は写真に写したくないといつも頑固です、笑。恥ずかしいそうです。

イヌワリアフリカで取り扱っているシアバターは全てこの女性から購入しています。
何故かって、彼女の持っているシアバターはこの伝統製法のものだけなので、他で売っているものと品質が全く違って素晴らしいのです。
このシアバター、カサカサに乾燥した肌に塗るとスーッと染み込んでツルツルになります。
実際に肌に塗って日本で市販されているシアバターと比べてみたらきっとその違いに驚く事間違いなしです。
ギニアのハマナー地方で作られているものです。

 

 

伝統製法で作られた未精製シアバターは、滑らかで優しいナッツの香りがします。見た目は本当にバターの様です。

 

 

ギニアでは、お料理を作る時にもこのシアバターを使う事があるそうです。
この写真の女性の手についたシアバター、彼女はペロッと食べちゃったりもします。
とっても栄養があるんだそうです。赤ちゃんの栄養のために水に混ぜて飲ませたりもするそうです。
赤ちゃんの肌の保護としても塗ります。

火傷、切り傷、擦り傷、打撲、打ち身などにも効果抜群で、我が家でも常に常備しています。火傷や傷に塗ると痛みがすぐに引いていきます。皮膚に毒を持つトカゲにやられた時の火傷のような肌の痛みもすぐに引きました。皮膚の再生もとても早く、傷が治りやすいです。

ジャンベ奏者は太鼓を叩いたあとの手の傷や豆に塗ります。ジャンベの木の保護用にも塗るんですよ。

そんな万能で体に良いシアバターは、ギニアでは保湿というよりも薬、食用として使われている事は、日本や欧米では知られていないかもしれません。
それと、シアバターだったらなんでも良い訳ではなく、伝統の製法で作られていなければ効果がありません。今は別のものを混ぜてカサ増しをしたり、最後に薬草に包むのではなくバケツを使ったり、別の方法で作られることが多くなってきているそうです。

 

 

イヌワリアフリカは、こういったギニアの自然の恵みがいっぱい詰まった素晴らしいものを、ギニアでパッケージし商品化したものを輸出販売したいと長年考えて来ました。しかし、なかなか良い容器がギニアで見つからないという問題があって未だ実現していません。

ギニア発のアフリカンナチュラルプロダクトの商品化、販売も、イヌワリアフリカの目標の一つです。

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

こちらは輸入品の化粧品やスキンケアグッズを売るお店 我が娘もこういうものが大好きです

 親方の新しい工房へ藍染製品の打ち合わせに!

こんばんは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。
今日も夕方からいきなり大雨と雷でビックリでした。外出し帰宅した直後だったのでギリギリセーフで助かりました。
でも、あと数週間で乾季になったら、あの雨が一滴も降らなくなるのだと思うと寂しいものです。

 

さて、昨日はイヌワリアフリカの商品の製作を共にしている親方の仕立て工房に商品の打ち合わせに行ってきました。

 

こちらは、今までの記事でご紹介してきた親方と親方の指導の元縫製を学びながら仕事をしている女の子たちの新しい工房です。
前の工房があった場所は、なんと大家さんからの突然の立ち退き勧告により行き場がなくなり、新しい場所が見つかるまでは親方の知り合いの家の庭先で作業をしていたのです。ギニアの賃貸システムでは大家さんの立場が絶対で、借主の権利はほとんど0に近いのでとても大変です。

 

新しい工房の外観・玄関先にもミシンを置き作業するのがギニア流

 

新しいこちらの工房は前の工房よりもトタン屋根がしっかりとしていて雨漏れの心配もなさそうです。

 

 

親方チェック!

 

昨日は金曜日、ちょうどムスリムの人々がモスクに祈りに行く13時半くらいに訪問したので、工房の女の子たちも少なかったです。

 

藍染布の男女兼用 パンツ

昨日の訪問の目的とは、こちらの藍染の布を使ったパンツの製作についてでした。
ギニアにも日本と全く同じ藍染めの伝統があり、今でも天然の藍を使った伝統的な製法での染色が行われています。フラ族に伝わる伝統なんだそうです。
絞り染やロウケツ染めがあってとってもお洒落で、フラ族以外の人々にもとても愛されているギニアを代表する染物です。ギニア人のワードロープの中には必ず藍染の布の服があると言っても良いくらいです。

この藍染布で作ったイヌワリアフリカのワンピース、シャツ、パンツなどの商品がお客様に好評なのでまた新たに製作をしたいと思い、親方とその打ち合わせをしました。

 

イヌワリアフリカ・トップスとサルエルパンツのセットアップ

 

私はこの藍染の持つ温もりや、身につけると優しい藍の香りがふわっと香るのがとても好きです。洗いこんで古くなるごとに味が出るところも大好きです。このギニアの藍染布を使ってインテリア用品、雑貨、子供服など製品化してみたいもののアイデアがいっぱいです。

そして私自身も、この天然の藍で布を染めるという事にチャレンジしてみたいとずっと思っていたので、雨季が終わったら藍染を行っている村まで行って藍染体験させてもらうつもりです。

 

 

ギニアにはまだまだ知られざる魅力ある素材がいっぱいです!
彼らと一緒にギニアにある素敵な素材で素敵なものをたくさん作ってギニアの魅力とハッピーを多くの人々に感じてもらってみんなでもっともっとHAPPYになれたら!
と夢を大きく持ちたいと思います。

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

ギニアの仕立て屋工房の必需品・熱した炭を入れて熱くするアイロン

ギニアのイヌワリアフリカを支えてくれる日本のパートナーNPO法人一期JAM

こんにちは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。
ギニアはそろそろ雨季が終わり雨が全く降らなくなる乾季へと移っていく時期なのですが、ここのところ2週間くらいはずっとお天気だったので、もう雨季は終わりかなと思ったらいきなり豪雨がやって来るという最後の最後の雨が頑張っているという感じのお天気となっております。

 

 

さて今回は、私共ギニアのイヌワリアフリカとパートナー提携をし、日本でのさまざまな業務を行ってくれている日本のNPO法人「NPO法人一期JAM」のご紹介をさせて頂きます。

私共が日本から遠いここギニアで安心して活動していけるのは、ひとえにイヌワリアフリカ日本オフィスとして日本での業務をとり行ってくれているNPO法人一期JAMのお陰だと言えます。

NPO法人一期JAMとは2012年から提携を始め、Inuwali Africa Japan Office・イヌワリアフリカ日本オフィスとして、ギニアからの輸送した商品の在庫管理やお客様の発送業務、その他さまざまな業務を行ってもらっています。

 

NPO法人一期JAM ホームページ
 
 西アフリカの伝統的打楽器ジャンベを通して国際交流を広げたり、音楽の社会的意義を見出そうという活動を展開している。様々な場所での演奏活動、ワークショップを開催。ジャンベの演奏でのコミュニケーション能力の高さに目をつけ、日本社会において人間関係が希薄とされている現在、音楽の力、魅力を通じて様々な世代、人種がコミュニケーションを深められる社会を目指し、コミュニケーションツールとして社会貢献のできる楽器としてジャンベを認知させる事でアフリカ社会、文化の向上を目指すNPO法人。

 

子供たち向けのジャンベワークショップの開催

様々な世代、社会的地位、人種は関わらず、お互いを尊重し助け合う社会。

ジャンベを始め、人類の音楽の起源とも言われているアフリカの音楽を広める事が

日本社会をきっと明るくする。

そんな思いがNPO法人一期JAMには込められています。


義務教育では教えきれない「コミュニケーション」という分野において、

音楽を通して、人と触れ合う事の大切さ、コミュニケーションを取る事の素晴らしさを

新たな観点から切り開き、日本社会を明るく元気にする事が目標です。

 

子供や親御さん向けの西アフリカ伝統楽器の演奏による絵本の読み聞かせ活動

 

音楽を通じて世の中を円滑にすることを目的とし、引きこもりの若者や不登校児が、音楽を通して社会的な一歩を踏み出せるような活動や、国際交流という意味では、アフリカの音楽を知ってもらうだけでなく、在日アフリカ人が増えていることで、日本で音楽活動をしたいという人や、日本で生まれてまだアフリカの土を踏んだことのない子どもが自分のルーツとなるアフリカの文化に触れたいというニーズに応えられる様な活動も行っています。

NPO法人一期JAMのオフィス兼店舗「WONTANARA TOKYO」

WONTANARA TOKYO FBページ

今年5月にはNPO法人一期JAMのオフィス兼店舗「WONTANARA TOKYO」がオープン、イヌワリアフリカの正規取扱店としてギニアで製作された全商品が店舗に並んでいます。その他魅力あるアフリカ伝統楽器、雑貨、服、食品などアフリカにルーツを持つ選び抜かれた商品の販売を行っています。

 

やはり外国に拠点を置きビジネスをしている会社にとって、信頼出来る仕事のパートナーを日本に持つという事は最大の強みではないでしょうか。
私共の場合は、その仕事のパートナーが私たちと全く同じ信念と目的を持ち活動を行っている団体であるということがとても大きな力となっています。

 

NPO法人一期JAM・代表理事山崎剛司さん(写真右)

NPO法人一期JAM代表理事の山崎剛司さんとは、連携を始めた当時から、ギニアのジャンベとダンスによって人間の心も体も健康になっていく効果や、人々がジャンベとダンスにより性別、年齢、国籍などを超えて繋がり素晴らしい人間関係を作っていける事、それを使って地域を日本の人たちを元気にしていきたい、そしてその人々を幸せにするツールの元となるギニアで暮らす人たちの問題解決の為に何かをしたいという事をいつもいつもメールやネットのチャットで話し合い一緒に考えてそれぞれ行動に移して来ました。
一緒に活動をし6年目、私にとって山崎さんは血は繋がっていませんが、今や家族そして同志と言える存在です。

本当に長年一緒に考えてきたと言いますか、妄想して来たと言っても過言ではないギニアの若者たちの為の支援活動はイヌワリアフリカの利益の一部で少しずつは行ってきましたが、まとまった資金がなければなかなか出来ない事なので、もっと確実なものに出来る様いろいろと模索してきました。

その構想も日本でNPO一期JAMも支援活動を実現させる為の準備を進めてくれているお陰でようやく少しずつ実現化に向けて動き出してきました。

 

支援金によって製作された舞踊団の楽器と衣装

去年は、イヌワリアフリカとNPO一期JAMが共同でギニアの伝統音楽や舞踊を次世代に、そして世界に伝える役割を担う若きアーティストたちを応援するクラウドファンデイングに挑戦し目標達成をする事が出来ました。

Ready for ギニアの伝統楽器演奏家、舞踊家を目指す若者たちを支援したい!

そして現在、このNPO法人一期JAMと共に、次の目標であるギニアの若者たちへの継続した支援プロジェクトの形態を作る事を目標に少しずつ準備が進んでおります。

 

イヌワリアフリカの事業も、ギニアの若者たちの為の支援プロジェクトも、みんなが良くなるように考えて少しずつでも行動を起こしそれを続けていれば、その想いは実現するのだと教えてくれたのがこの山崎さんとNPO法人一期JAMのメンバーの皆さんでした。

心強いパートナーが日本にいてくれる事に本当に感謝です!

ギニアの仕事のパートナーたち、日本のパートナーである一期JAM、これからみんな一緒にどんな事を展開していけるか考えると本当にワクワクします。

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

NPO法人一期JAMの皆さん

ア ケケ製作場の訪問と難民の人々

 

こんにちは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。

まだギニアの食についてご紹介していませんでしたね。

「ア ケケ」は、マニヨックを原料とした本来コートジボワールの伝統料理「アチェケ」の事で、ギニアでは、「ケケ」や「ア ケケ」と呼ばれています。
ギニア料理と思ってしまうほど、人々の生活に入り込んでいる食べ物で、首都コナクリであれば何処ででも気軽に屋台やレストランで食べる事が出来ます。

 

安く気軽に食べれる屋台スタイルのもの ア ケケの上にシンプルに揚げ魚かチキン、刻んだ玉ねぎ、トマト,キュウリとちょっと酸っぱいソースとオイルがかかっています

ちょっと高めのレストラン・屋台より値段が5倍くらいのもの チキンとソースが屋台より豪華版

イヌワリアフリカは、ギニアの食品も取り扱っているのですが、先日日本のお客様より、乾燥状の「ア ケケ」を仕入れたいというご要望を受け、ア ケケを生産している女性たちの元を訪問しました。
その時の事と共にギニアの人々のランチや軽い夜食的な食べ物である「アケケ」のご紹介をしていきたいと思います。

 

女性が持っているのが原料のマニヨック

アケケを作っているのは、こちらのギニアの一般的な庶民が暮らす長屋作りの住宅です。
塀も囲いもなく、まさしく日本の時代劇に出てくるような長屋のイメージです。
家の玄関先で女性たちがワイワイと集まりアケケを作る作業をしています。
もちろん大勢の子供たちがちょろちょろしています。

 

アケケの原料、マニヨック 白くて硬い芋です。ギニアの人はこのまま生で食べたり、蒸したり、焼いたり、ご飯のソースに入れたりと、よく食べています。

マニヨックを細かく削った状態

水分を取って乾かした状態

乾燥したものを蒸すとフワフワのモチモチになります

作業場の脇では、蒸してすぐに食べれる状態にしたアケケ1皿分をビニール袋に入れて販売しています

削ったマニヨックの水分を絞り出す為の機械、壊れていて今は使えないそうです。

ア ケケ作りの女性たち、この機械が壊れたけれど修理も出来ず新しいものを買う資金も無いので、週に1度機械を持っている人にこちらまで持ってきてもらいレンタル代を払って使っているそうです。
「新しい機械を買う資金を誰かが助けてくれたらいいのに」と話していました。

ギニアには、女性たちが作る美味しいア ケケや、ギニアならではの自然の恵みたっぷりの素晴らしい食品や飲み物が沢山あります。生産の道具の問題なく皆が働けるような場を作ったり、そういった食品を素敵にパッケージして国内外で販売出来るような流れも今後作っていきたいと考えています。

それと同時に、ギニア料理レシピ本や映像なども制作し、多くの方にギニアの食文化を通してギニアの魅力をお伝え出来たら!と思っております。

 

 

さて、この女性たちは皆ギニア人ではありません。シェラレオーネ人の難民なんだそうです。

ギニアは多くの難民を受け入れていてリベリア、コートジボワール、シェラレオーネからの沢山の難民がギニアで暮らしているそうです。

以前付け爪が流行っていた時には、マルシェには安く付け爪を付けてくれるネイリストが沢山いたのですが、何故かそのほとんどがシェラレオーネ人の若い男性だったのです。私が一度付け爪を付ける施術を受けた男性も、自分はシェラレオーネから来た難民だと言っていました。

我が家の隣の家で住み込みで使用人として働いている家族がシェラレーネ人の難民の家族だった事も最近知りました。その家族の女の子が我が家の娘と遊んでいる時に、彼女がちょっと訛りのある英語を話すので、もしかしてギニア人じゃないのかと思い、どこから来たのか聞いてみたところ、シェラレオーネからだと言うのです。そして、その子とその姉妹たちが難民用の学校に通っている事も最近知りました。カトリック教会が運営している難民の子供の為の学校なのだそうです。そこには、シェラレオーネ、リベリアからの難民の子供たち通っているそうです。

一見ギニア人と区別もつかないあの人たちが実はそんな背景を持っていて、祖国を離れてここでこうして暮らしている。そういう人たちと実際に知り合いになって交流していくうちに、難民というのが映画やテレビの中の世界ではなく、現実なんだと実感するようになりました。

そして、その難民を多く受け入れているギニアは本当にすごい国だなと思うのです。

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

こちらは家庭で使うアケケ用蒸し器、 炭火の上に置き調理します

 

 

村の森の奥地まで太鼓の木を探しに

こんにちは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。

以前の記事でも書かせて頂きましたが、イヌワリアフリカは海外の楽器業者様への卸し売りや個人のお客様からアフリカ太鼓・ジャンベの注文を受け、現地の職人さんたちと共に製作を行っています。

 

イヌワリアフリカ・楽器担当者 テオドール、太鼓の皮張りの作業中

先日イヌワリアフリカの楽器担当者テオドールが、ジャンベの製作をするのに必要となるジャンベの木を探しにコナクリから離れた村の森の奥の奥まで行って来たのですが、その時の写真を手に入れたので、今回はその時の様子と共に、ジャンベ販売に対する想いなどを書こうと思います。

 

 

首都コナクリから車で約3時間の村に到着し、上の写真の道の先の先の車が通れなくなる場所から、森の案内人たちと共にバイクタクシーに乗り、最後に行き着いた川を丸太をくり抜いて出来ている小舟で渡り、その後は延々と歩いて歩いて数時間、森の奥地へと到着。

 

この森の中にはバラフォン、アカズー、レンケなどジャンベに適した木があるそうです

森に入るには許可が必要で、一般人は立ち入り禁止だそうです。この森では木こりのおじさんが太鼓用の木に適した木を探し、水分を抜くためにあらかじめ切って、そのまま倒して置いてあるんだそうです。でも広い森の中にそのまま倒してあるのでその丸太を探すのに時間がかかるんだそうです。

何時間も森の中を歩いて、お客様の希望されているジャンベの木の種類、サイズに合った木を探したそうです。

良さそうな木が見つかったら、木こりのおじさんが大きな斧で丸太を切っていきます

木こりのおじさんがノコギリを使わず一人で斧で倒してあった木を切った後

丸太を切ったら、今度は太鼓の形にする職人さんたちのいる作業場に丸太を持っていきます。
職人さんたちは手作りのこんな道具で丸太の中身をくり抜いて外側も削っていきます。

 

果てしない作業を電気の工具を使わず全て素朴な斧のような道具で削ります

ジャンベの原型が出来上がり

「木を探しに村に行く。2泊して次の月曜に戻る」と言って金曜日に出かけて行ったテオドールがコナクリに帰ってきたのは、なんとその1週間後でした。
森に木はいっぱいあるけれど、これだ!という木がなかなか見つからなかったので、森の中で寝たりいろんな所を行ったり来たりしていたんだそうです。

雨季まっさかりの中、ずぶ濡れになりながらかなり大変な数日間だったそうです。

村から持って帰ってきたものの一部

この後は、コナクリの太鼓専門の彫刻師が彫刻を入れる、打面の円形の部分を手が痛くならないようになめらかに綺麗に削る、綺麗に削り木の保護用にシアバターを塗る、皮を張るための鉄のリングを作る作業、そのリングにロープを装着する、ヤギや牛の皮を張るなどの作業があります。私たちの仕事のパートナーである何人もの職人たちがそれぞれの作業をしていくのです。

完成するとこうなります

ジャンベが演奏できる形になるまでに、こうして何人もの職人の手が加わります。
電気の工具を一切使わずに完全手作りなんてとても贅沢なものだと思います。

ジャンベを作ることが森林破壊に繋がるのではという声をたまに聞くことがあります。
確かに一理あるかもしてません、でも森の木は管理されていてやたら滅多に切れるものではないそうです。それに、木の価格も年々高くなっています。

私が一番の森林破壊になるかもしれないと思うのは、木製家具です。
ギニアの家具といえば一般的に家具職人による木製家具です。

ジャンベの木にも使われているとても丈夫なバラフォンの木を使った家具が主流で、街のいたるところに家具作りの工房があり、道路脇ではテーブル、ベッド、タンスなどの沢山の家具が販売されています。その量はギニアで普段製作されているジャンベの数より断然多いのでは、、と思われます。

 

ギニアの家庭の一般的な部屋の木製ドア。こちらの椅子は枠が木製。工房近くの道路脇で販売されています。

職人たちの作る木の家具の価格は、多分日本の木の家具より高くとても高価なものなのですが、とても良い作りで、一生使えるものです。工房で修理もしてもらえるので何世代にも渡って使っていけそうです。

大切な木を使って作られるジャンベも家具も、材料を揃えるところから出来上がるまでにかかる労力は計り知れないほどです。ですからジャンベも家具も高価で当たり前です。

最近中国の業者さんからジャンベの卸し依頼の問い合わせがよく来るのですが、実は彼らの希望するジャンベの卸価格があまりにも安く、50ドルにして欲しいとの要望もありとても困惑しています。
職人さんへの妥当な支払いが出来ませんし、まず木の価格が高いから無理です。

 

前回の記事に書いた「アフリカ=安いというイメージを変えたい」という気持ちには、そんなジャンベの安い価格イメージも変えたいという気持ちも大きく含まれています。

そして、ジャンベを製作している側として、いつか本当にギニアの森林破壊にジャンベが関係しているのか?その状況がどんなものなのかも調べに行ってみたいと思います。

今回もまた長くなってしまいましたが、最後までお読み下さりありがとうございました。
引き続き宜しく御願い致します。

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

ギニアはジャンベ発祥の地と言われています。

「アフリカ=安い」のイメージを・・

こんにちは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。

今回は、イヌワリアフリカのフェアトレードブランドの商品を製作販売するにあたっての想いの経緯、これからの目標を書こうと思います。

 

 

ギニアの人たちは若者は今どき流行りの服装をしている人も多いですが、まだまだほとんどの人が伝統的なアフリカの布で仕立てた服を着ています。その中でもアフリカンプリント布の服を着ている人が断然多いです。

結婚した女性は、家にいる時はスカートやパンツではなく、アフリカの布を巻きスカートのように着用している事が、良い女性とされているそうです。
アフリカの布の服を着るという事は、相手に対するリスペクトであり、誰かの家を訪問する際なども、洋服ではなく、アフリカの布の服を着るのが礼儀なんだそうです。
花嫁が花嫁道具として持って行くスーツケースの中には、アフリカンプリント布を沢山入れるというしきたりもあったりと、アフリカンプリント布はギニアの人たちの生活に欠かせないものです。

 

 

私がイヌワリアフリカを通してアフリカンプリント布を使い商品を作ろうと最初に思った時は、ギニアの仕事がない若者に仕事を提供したいからとか、社会貢献とかそういう理由でなく、シンプルにこの布が素敵、可愛い、見てるとなんか元気になるとか、ただこの布が好きだったからという理由がきっかけでした。

ブランドを立ち上げた頃、最初に製作したシリーズ・土星の柄のパンツ、見ているだけで楽しくなります。

ブランドを立ち上げ、商品を作っていくうちに、ギニアでは仕立て屋の工房には将来の自活ができるように縫製を学ぶ子ども、若者たち、そしてその指導をする先生たちが大勢いるのだと知ることになり、彼らと一緒に商品作りをする事、これこそフェアトレードに繋がるのではないか、みんなで仕事をしていく事がきっとみんなのハッピーに繋がるかもしれない、それは一石二鳥だ!という気持ちで、より良い方法を模索しながら今まで続けて来たました。

 

イヌワリアフリカの商品を製作中

仕立て屋工房で修行や仕事をしている若者たちは男女ともにいて、だいたい12歳くらいからの子どもからいます。学校に行きながらだったり、学校に行かず修行一本だったり、将来自分の力で食べていけるように頑張っています。シングルマザーなんて当たり前、子連れで工房に来るなんていうのも当たり前です。

ブランドを立ち上げてた当初は、ブランドの宣伝をする時などに、学歴があっても就労場がないギニアで自活を目指し縫製を学ぶ子たちと一緒にやっていますとか、彼らの仕事、収入に繋がりますとか、フェアトレードとかいう言葉を売りにしたくない、お客様にはシンプルにその商品を素敵と思って頂いたら購入して頂きたいという気持ちで、イヌワリアフリカのHPなどにも特にフェアトレードやどんな人たちが製作に関わってくれているのかなどの記載をしていませんでした。
商品の販売の為にそれを売りにするような、彼ら利用している様な気がしたからです。

 

布屋のおばちゃんたち

でもある日、日本にはアフリカの物は安いというイメージを持っている方がとても多い事に気がつき、それってすごくおかしい!と疑問を持つことになり心の何かが変わりました。

確かに現地の材料価格、制作費経費は日本よりも安いかもしれません。しかしギニアの場合、商品を製作するにも、まず私は材料を買う際に、余分な値切りはしません。布屋のおばちゃん達が少しふっかけてるな・・という価格を言った時も、おばちゃん達が布を置いている倉庫からマルシェの屋台まで重い布を何度も往復して運ぶ労力や灼熱の中、大雨の中マルシェに立つ彼女たちのほんの僅かな儲けを考えると1ドルくらいふっかけられてもいいじゃないかと思うから値切りません。そんな時、もちろん布の仕入れをする私も舗装されていない道の中、汗だく、泥だらけです。巨大マーケットの迷路のような細い道を20キロくらいの布を担いで延々と歩いたりします。
仕立て屋の工房では、彼らと何度も打ち合わせをしても、彼らが勝手に創作した作品に変わって別の物が出来上がって来る、サイズが違う、など予定通りに事が進まない問題が続出で何度も工房に足を運んだり経費も労力もかかります。

商品を作る前の布

ギニアから日本のお客様に商品を送る際の郵便事情は最悪で、郵便代の安い郵便局から送る荷物は紛失の可能性大なので個人のお客様に郵便局からは送ることは出来ません。
確実に荷物を届けてくれるDHLだと1キロ100ドルくらいします。それでは儲けも出ません。
ですから商品はまとめてコナクリ空港から日本にカーゴ便で送り、イヌワリアフリカ日本オフィスの業務を請け負ってもらっている WONTANARA TOKYO にて在庫管理やネットショップでお買い上げくださったお客様への配送手配などをしてもらっています。

ギニアからの輸送費、日本到着後も経費がたくさんかかります。
一つの商品に関わった人たちがそれ相応の報酬を得る為には、その商品を安く販売する事は出来ません。

ギニアの人々に愛されているアフリカンプリント布、以前はギニアでも生産されていた事があるそうですが、現在アフリカで生産されているものは僅かで、アフリカのマーケットの為にアジアの工場で制作されたアフリカンプリント布がギニアや他のアフリカ諸国に輸入され、市場で販売されているケースが最近とても多くなってきています。

アジアの工場でアフリカンプリント布やアフリカ風の洋服などが生産され、工場のある現地で安い価格で販売されており、日本の業者さんもそういった工場で直接買い付け、日本でアフリカものとして販売されているそうですが、私にはそれはアフリカものではなく、アフリカの人たち向けに作ったアジア製のものであって、アフリカのものとは考えられません。あくまでもアフリカの市場で販売されてこそアフリカものとなるのではないでしょうか。

アフリカはアジアとは違い日本からとても遠いです。そしてなにもかもスムーズに進むところではありません。それなのに、アフリカ=安いというイメージが未だに消えていない。そのイメージを変えたい!そんな想いが強くなりました。

そんな事を考えていたら、やはりその商品を気に入ってもらう事だけでなく、その付加価値や、ギニアには将来の自立の為に学校に行かず小さいうちから仕立ての修行をしている若者たちがいること、彼らと大量生産でなく一つづつ商品を作っていること、商品を何故安くできないのか・・むしろその経緯を考えたら安いのではないかという事を、その背景をもっともっと伝えていったほうがいいのではないか、と思うようになり、HPにも記載し、お客様に知っていただける様に変えて行きました。

そして、アフリカ=安いのイメージを変える為に、わたしたちが製作している商品の品質の改善もしていかなければと思い意識しながら商品を作る様になりました。

理想としては、仕立屋の委託生産ではなく、小さくてもイヌワリアフリカ専用の工房やアンテナショップも作り、継続した仕事をそんな子ども、若者、先生たちと一緒にし、月末にまとまったある程度決まったお給料を支払うようなシステムにしていけたら彼らも生活する上で金銭的な計画を立てることが出来るので一番良いのですが、それには常に商品の生産をしている状態でければならないので、その為にもまず日本でバイヤーさんに見ていただける様な展示会、ギフトショーなどに出展し受注を取り確実に仕事を回し継続できる様な状態を目指したいと考えています。

たくさんの販売経路の確保それが次の大切な目標となっています。

彼女たちと製作した商品

彼女たちと製作した商品

私は彼らと継続して商品作りをしていき、少しでもみんなの将来が明るいものになるように、そして現在の現状がより良くなるように、彼らの学びの場の環境改善などと合わせていろいろ挑戦していきたいと思っています。
でも、この事業はあくまでもイヌワリアフリカが彼らを助けるというものではなく、むしろイヌワリアフリカが彼らに助けられている関係であり、仕事のパートナーとして一緒に進んでいきたいと考えています。

それと共に、イヌワリアフリカの商品を通して、多くの方々にアフリカングッズの魅力にワクワクした気持ちを感じてもらったり、ギニアの事を知っていただく機会になっていけば良いなと思います。

 

またまた長くなってしまいました。最後までお読みくださりありがとうございました。
引き続き宜しく御願い致します。

 

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

ギニアでとても役に立っている3つの事とは

こんにちは。ギニア、コナクリから、イヌワリアフリカ代表 バー由美子です。

ギニアの人たちは基本外国人に対してとても親切でフレンドリーなので一見心を開いているかのように見えます。

でも彼らに外国人のことをどう思っているのか聞くと、「外国人だから本当には心を開けない、彼らに本当の事は話せない、彼らの事は心からは信じられない」という事を言う人たちが多いです。
でも、私には「あなたは他の外国人とは違う、あなたはギニア人だから」と言われます。
何故でしょうか?

今回は、私のギニア生活でとても役に立っている事、かなりポイントの高いと思われる事を書かせて頂きます。

 

いろんな民族語が飛び交うマルシェにて・皆同じに見えても全く違う民族違う言葉を持っています。

その①ギニアの民族語

ギニアはフランスの植民地だったので公用語はフランス語、学校でもフランス語で授業をします。
多数の民族が暮らしていてそれぞれ全く異なる言語を持ち、ほとんどの人が家族や友人間、近所の人たちとなど普段の生活の中では、フランス語よりもそれぞれの民族の言葉での会話をする方が多いです。
ですから、乗り合いタクシーやマルシェなど、人が集まるところにいると、それぞれの民族がそれぞれの言葉で会話をしていていろんな異なる言葉が飛び交ってとても面白いです。

私の暮らすギニアの首都コナクリは、主にギニアの沿岸部にいるススという民族の土地で、彼らの言葉であるスス語が日常的に使われています。民族語版の公用語といった感じです。
他の民族の人でも、コナクリに住んでいる人であればスス語での会話が出来る人が多いです。
例えば関東に住んでいれば大阪の人でも関東弁を喋るような感覚です。

そんなギニアで、私が暮らしてきて一番役に立った事とは彼らの民族語を理解できるという事。
私はギニア人の夫や子供達とは日本語で会話しますが、家庭以外ではスス語を話す人たちの中で7年間活動をしてきたので、スス語での会話ができるようになりました。
その為、普段の生活でも家の外に出るとフランス語よりもほとんどスス語で日常会話を使っています。

初めて出会った人に私がスス語が喋れる事がわかった瞬間、彼らの態度がいきなり変わります。
彼らはいきなり笑い出すのです。そしてとっても嬉しそうにもっともっとフレンドリーな態度に変わります。
ギニアの悪名高き警察官に身分証明書を出せ!と厳しい顔で路上で捕まった時も、私がスス語で喋ると大笑いされ、もう行っていいよと言ってもらえたり、彼らの言葉を喋れるだけで、いろいろな事がスムーズになり皆もっともっと親切になるのです。

 

その②ギニア人と結婚している

彼らの言葉が話せるという次に、私がギニア人と結婚している事を知ると拍手をされるほど喜ばれます。そして必ず言われるのが「ありがとう」という言葉です。
私の夫の民族が自分と同じだった場合の喜び様もすごく、もうあなたは私の家族です!となります。
彼らは自分たちの言葉や、自分たちの文化、自分たちの国の事を外国人の私に受け入れてもらった、好きになってもらったという事をとても嬉しく思い、大切に思うようなのです。
日本には、アフリカ系の人にまだまだ偏見があるし、アフリカ人が日本に来て日本人と結婚したと誰か知らない人に言っても、多分そのアフリカ人は日本を、日本人を好きになってくれてありがとうなんて言われないと思います。
だから私は日本もギニアの人みたいに偏見を持たず、日本人と結婚したアフリカ人に対して「おめでとう、日本人を、日本を好きになってくれてありがとう」と言ってもらえるような国になったらいいなと思ってしまいます。

私のバガ族の友人・私と彼女はスス族の言葉スス語で会話をします。

 

その③ギニア人との子供がいる

最後に、決定的にギニア人に「もうあなたはギニア人です」と思ってもらえるくらい信用してもらえる事があります、それはギニア人と結婚し、子供がいるという事です。
ギニア人との間に子供がいると知ると、ギニア人から言われる言葉は、「おめでとう、もうあなたはギニア人です」です。
乗り合いタクシーに子供と乗っていると、他の乗客者がタクシー代を払ってくれる事が随分ありますし、買い物をしているとお店の人が子供にお菓子やジュースをプレゼントしてくれる事も頻繁にあります。
そんな時、その人たちは「この子は私たちの子供なんだから、気にしないで!当たり前でしょ」と言ってくれます。今の日本では考えられない話かもしれません。
ちなみに我が家の子供たちはいろんな民族のお友達と関わる事で数種類の民族語を理解しています。

 

イヌワリアフリカの商品を製作している仕立て屋の工房の親方はフラニ族、修行中の女の子たちはフラニ、スス、マリンケ、ゲルゼー族などいろいろな民族の子がいます。その中で彼らは普段共通の言語スス語で会話をしています。

 

この①民族語で会話できる、②ギニア人と結婚している、③子供がいる

この3つのお陰で、ギニアの人たちと他の外国人とは違った目で見てもらっている、接してもらっていると日頃実感しています。
ギニア人と一緒に仕事など何かをしていく上でも、この3つがスムーズに仕事を進めるのに大変役立っています。
ギニアの現地調査、マーケティングなどの仕事もさせて頂いておりますが、やはり現地の人たちとどれだけ密に接しているかで、調査の結果が全く変わってくるかと思います。
聞き取り調査なども、普通の外国人の会社にはギニア人スタッフがいたとしても真剣な答えが得られないのでは・・と思うからです。

そんな訳で、この3つが日常生活でも、ビジネスをする上でも一番大切な信頼関係を築くのにとても役立っています。
現地の人の言葉が分かる、これは多様民族が暮らすアフリカでビジネスをするには特に重要な事かもしれません。

これからも、こんなギニアの事もお伝えしていきたいと思います。引き続き宜しく御願い致します。

 

Inuwali Africa アーティスト支援活動

Inuwali Africa 事業&サービス  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ HP  

Inuwali Africa イヌワリアフリカ ネットショップ

イヌワリアフリカ 代表 バー由美子                             Yumiko Bah / Inuwali Africa Président

 

イヌワリアフリカ子供服のモデル写真撮影時・左の子のはフラニ族の伝統的な独特なヘアスタイルをしています

1 2 3