ウガンダとルワンダの違い

先週、2年半ぶりにルワンダを訪れました。

ルワンダは今回の渡航で4-5回目の訪問です。
ウガンダとルワンダは隣通しで、首都カンパラから首都キガリまでは500-600キロの道のり。陸路移動でも10時間程度となります。

ウガンダも内陸国ですが、ルワンダはさらに奥となるため、多くのものがウガンダから運ばれており、ローカルマーケットなどでは、ウガンダから入ってきた商品を多くみかけます。

ルワンダは『アフリカの奇跡』と呼ばれ、首都キガリの整理された綺麗な光景、汚職の撲滅など様々な点で隣国とは異なります。

このような違いは、様々な方がブログや記事で紹介しているため、今回は私が気になったマニアックな違いを少し紹介致します。

1.バイクのシェアが大きく異なる。

バイクタクシー(ウガンダではBoda、ルワンダではMoto)自体の違いは、有名で多くの方がブログなどでも紹介しているので、今回はバイクの種類に絞って紹介します。

ウガンダに限らず、バイクタクシーの多い国では、インドのBajajが圧倒的な強さを誇っています。ウガンダ市場でのシェア(バイクタクシー)は90%以上と言われています。その他、同性能のバイクを各社が投入し市場シェアを取ろうと画策していますが、Bajajには遠く及びません。

ルワンダは、Bajajはほとんど参入できておらず、同じくインド企業のTVSのバイクが圧倒的なシェアを誇っています。

今回、街中を歩いていてバイクタクシーに限れば、数百台見た中で、1-2台以外は全てTVSでした。

ウガンダでのTVSのシェアは3-5%程度といったところでしょうか。

また、ウガンダで走っている(販売している)TVSとは異なるモデルも多くみかけました。

この市場の違いについては、様々な憶測が出来ますが、確たる理由は掴めていません。

(皆様の中でご存知の方がいたら、教えてください。)

 

2.生乳の流通

ウガンダの首都カンパラでは、近年の発展に伴い、パックされたフレッシュ生乳がスーパーだけでなくキオスクでも一般的に販売されるようになりました。

パックされた牛乳には二種類あります。

一つはフレッシュな生乳。日本のいわゆる牛乳だと思います。賞味期限が4-5日のもの。要冷蔵保存です。

もう一つはロングライフの牛乳。こちらは、賞味期限が半年程度。常温保存可能なものです。フレッシュ生乳の倍以上の値段となります。

カンパラでは、電気の普及やキオスクでの保冷設備の普及に伴い、パックされたフレッシュ生乳が主流となっています。

※ちなみに、カンパラでも、スーパーやキオスクでパックされた牛乳を購入する以外に、ミルクマンから購入する方法、ミルクスタンドと呼ばれるミルク屋さんから購入する方法は、今でも一般的です。

地方都市や田舎では、ほんの一部の地域を除き、パックされたフレッシュ牛乳は売っておらず、多くはミルクマンやミルクスタンドから購入したり、飼っている牛から得ています。ロングライフは町によっては、中心地で売っていますが、マイナーな存在です。

 

今回、キガリにいって新たに発見したのは、首都キガリでもパックされたフレッシュ牛乳がない事でした。大小、様々なスーパーに行き、在住の方にも聞きましたが、スーパーやキオスクでパックされたフレッシュ牛乳は置いていないそうです。

代わりに、ルワンダ産のロングライフの牛乳は置いていました。また、ミルクゾーンと呼ばれるミルクスタンドで購入するのが一般的なようです。

この違いには、今後の可能性を秘めていると感じます。

 

他にも、地方流通のパターンや卸売街の仕組みなど、両都市での違いを見る事ができ、その理由を探るだけでワクワクします。理由を探る中で、色々と興味深い発見をする事もできました。

 

 

 

 

開発が進むNtinda

私のオフィス兼自宅のあるエリアは、カンパラ市の中心から少し離れたNtindaという地域にあります。
正確にはNtindaのさらに外れ、Kiwatuleとの間にあります。
Ntindaはンティンダと読みます。

 

カンパラの中心は環状線になっており、一番大きな環状線で、Old town、Wandegeya、Nakawa、そしてNtindaを四隅とした環状線になっています。
(最近では、環状線の外にMuyenga、Bugolobiなど高級住宅街も出来ているので、一概には言えませんが)

 

私がNtinda地域に引っ越し住み始めたのは今から2年弱前となります。
その頃は、ローカルな低収入エリアと富裕層が住むエリアが混在しておりました。

 

しかし、ここ1-2年で急速な開発が進んでいます。Ntindaの先に、多くの新興住宅街が開発されています。
感覚ですが、Ntindaの北にあるKisasi地域、東にあるKiwatule,Najjeraなどの人口が急速に増加しています。

 

そのため、Ntindaの道路の渋滞はカンパラでも有数の混雑エリアになっています。
例えば、日曜の夜12時でも、渋滞しており、1キロ進むのに20分近くかかる事もあります。
幸い、私はバイクタクシー中心に移動しているため、渋滞の被害は受けていませんが、深夜にマタツ(乗り合いバス)やタクシーなどで戻る場合は渋滞にはまります。

 

さて、私はそんなNtindaの幹線道路沿いに住んでいるのですが、弊社の目の前に立て続けにお店がオープンしています。

これまで、弊社の隣は、中級以下のビジネスホテル(一泊2500円くらい)がありました。

 

2か月ほど前に、家の向かいあたりにローカルだけど少し洒落たパン屋さんが出来ました。

 

さらに1-2週間ほど前に、その隣におしゃれなカフェが出来ました。
これまで、オフィス周辺で打ち合わせをするには、隣のホテルのレストラン、ローカルなファストフードの店くらいしかなったのですが、比較的オシャレなカフェが出来ました。

 

 

さらに、本日、カフェの隣に、中規模のスーパーがオープンしました!

 

 

このスーパー、比較的規模もあり、よいのですが、荷物置き場がオープンなのです。。そこが難点。
ウガンダのスーパーでは、セキュリティや万引き防止を理由に、バッグなどは入り口で預ける事になっています。通常は、入り口にカウンターがあり、荷物は裏側で保管され、タグと交換します。

しかし、このスーパー、預け場所がむき出し。これ、誰かが間違って(意図的に)荷物を持っていくでしょう。。


改善してほしい旨、伝えましたが、時間かかるでしょうねー。。

渋滞は困りますが、オフィス周辺の環境が便利になっていくのは、良い事です。

アフリカの食事 〜ウガンダ編〜

海外現地のことを理解するには、まずは食から。
何を食べているかで、現地の方々の暮らしや農業事情、加工食品などの産業の発展具合など、いろいろなものが見えてきます。
 
2回目の今回は、7つの丘から成る美しい国、ウガンダから。
ウガンダは、美しい湖や丘、(アフリカにしては珍しい)豊かな緑などから「アフリカの真珠」と評されます。
また、首都であるカンパラは赤道直下ではあるものの標高が1,200メートルあるため、年間を通して平均気温が21度、年間降水量は約1,050ミリと、非常に快適。
その治安の良さもあって、過去に「訪れてみたい国ランキング」で、世界一位に輝いたことがあります。
※Lonely Planet社、2012年度調査結果
 
ホテルから見た朝の風景。

 
ウガンダはフルーツ天国であることは以前ご紹介しました。
http://entre-africa.jp/yo_murofushi/4134.html
 
今回は伝統的な食事などについて、その一端をご紹介。
 
こちら、ウガンダの伝統的な食事を提供してくれるレストランにて。

 
カンパラのショッピングモール「フォレストモール」の最上階にあります。
 
ウガンダの伝統的な食事を食べたい、と現地の友達に案内してもらい、こちらのレストランでビュッフェ形式のランチを頂きました。
こちら、伝統的な食事で構成された、ちょっと豪華なランチ。

 
これ全部で大体1,000円。
少し良いレストランのランチでこれくらい。
街中の庶民派レストランでは500円未満でランチが食べられます。
 
まずは主食からご紹介。
左側のお皿は淡水魚、ティラピアの煮物。
 
ティラピアとナイルパーチは共に淡水魚で、現地ではよく食べられています。
頭側としっぽ側が選べますが、僕は頭側をチョイス。
味は淡白な白身で、美味しいです。
川魚なのでどうしても泥臭さはあるのですが、僕は全く気になりませんでした。
 
右側のお皿は、穀物類の盛りあわせ。
そのいくつかをご紹介すると、、
・マトケ:甘くない調理用バナナを蒸してマッシュしたもの
・ポショ:とうもろこし粉を湯で練ったもの
・ルモンデ、ムゴヨ:いずれもさつまいも
・その他イモ類:ヤム芋、キャッサバ
・カボチャ(黄色いやつ)

 
「ジーナッツ」というをピーナッツの粉をベースに作ったソースをかけて頂きます。
 
食堂では、主食を複数選び、おかずは1種を選びます。
お店の人に「今日は何がある?」と尋ねると、「マトケ、ポショ、ライス、ポテト・・・」などの主食系メニューを紹介され、そこから1~3品くらいを選びます。
次におかずを尋ねると、「ビーフ」とか「ゴート」とか「フィッシュ」のような答えが返ってきて、そこから1つを選んだら注文完了。
 
ウガンダのビジネスパートナーのPaul君。

 
トコロ変わってこちらは屋台で売られているチキン。


 
その場で焼いて、炒めたタマネギなどと一緒にセットで包んでくれます。
大体300円くらい。
 
屋台で50円で買った美味しいマンゴー(手前)と一緒に頂きました。

 
最後に、ショッピングモールで食べたファストフード。

 
こちら「Mr.Tasty」は現地でよく見かけるファストフード店。
メニューはKFCに似ていますが価格がもっと安く、マック的な位置づけ。
 
こんな感じのハンバーガー+ポテト+水のセットで大体300〜400円くらい。

 
こればっかり食べているとすぐに飽きるので、ご注意。特にポテト(日本人には少し量が多め)。
フレッシュなグリーンサラダなどは外食だと以外と食べられないので、自宅などで食べるなど、工夫して野菜を接種する必要があります。
 
以上、ウガンダの(超簡易)食レポートでした。
次回はタンザニア編をお届け致します。

1

ウガンダにジャノメミシン? 〜日本で不要となった産業用機械は海を渡る〜

ウガンダはカンパラの中央マーケット(Central Business District)にある「ナカセロ(Nakasero)」マーケットでの発見をご紹介。
 
ナカセロマーケットは、商売人とそれを品定めしている人で賑わっています。

 
活気があり、「仕入れて売る!」という商売の原形を感じることが出来ます。
そんなナカセロマーケットを歩いていると、面白いものを発見。
 
日本で有名な、「ジャノメミシン」

 
他にも、三菱製のものや、ブラザー工業製のものが、商品として販売されていました。

 

 

 
 
販売している店のオーナーに聴いてみると、これらは日本の中古品を仕入れて再販しているもの、とのこと。
日本の工業用中古ミシンが、遠くアフリカはウガンダまで来て、再販されているのです。
 
これらのミシンを買うのはだれでしょう?
これも聴いてみると、
 
「周辺の縫製業者が顧客だよ〜」
 
とのこと。
 
あたりを見渡せば、商業ビル施設内にはいくつかの縫製業者が。
お店で服を塗っているには、主に女性。
 
ウガンダでは、こういった昔ながらの縫製業が主要な産業となっている様です。
(RICCI EVERYDAYの仲元千津さんの事業も現地で縫製されていますよね)
 
 
工業の進化によって日本で不要となった産業用機械が、アフリカで活躍している事例として、ご紹介しました。
ウガンダ政府もアフリカ他国同様、自国の産業化を進めていますが、産業用機械が不足している様です。
このため、日本で使用された中古の産業用機械(印刷機、食品加工関連、など)の需要は高いと想定されます。
 
ここの繋ぎ役、つまりプラットフォームは、まだ出来上がっていません。
事業化出来るチャンスがあり、日本とアフリカの双方にとって利のある取り組みになる可能性があります。
 
この未整備領域に挑戦したい。
そんな想いを持っております。(準備もしてます。)
 

1