勃興するライドシェアサービスへの期待と懸念(2)

前回(勃興するライドシェアサービスへの期待と懸念(1))では、ここ数年で勃興するライドシェアサービスの現状についてお伝えしました。

 

Uberが自動車のタクシーから参入し広がったライドシェアは、カンパラの特性からバイクタクシーが台頭してきました。パイオニアは、ウガンダ発のSafeboda。そこに、Uber bodaやTaxify bodaが参入し、三つ巴の様相を呈しています。
競争に伴い、各社がドライバーにインセンティブ(キャッシュバック)しているため、ユーザーは通常のボダ(バイクタクシー)の1/3から半額程度で利用できる事態になっています。
さらに、ルートによっては、公共交通機関のマタツより安い金額になってきました。

今回はこの競争の末にある社会を考えてみたいと思います。

Read more

勃興するライドシェアサービスへの期待と懸念(1)

昨日、従業員の交通費を話し合う中で、公共交通機関であるTaxi(いわゆるマタツ、ハイエースによるミニバス)とSafeboda(ウガンダにおけるバイクタクシーのライドシェアサービスのパイオニア)を比較し、Safebodaのが安いケースが出てきました。

ここ数年、物凄い勢いで伸びているライドシェア。

ライドシェアにより、カンパラの移動も大きく変化しています。

特に、バイクタクシーが広がっており、市民の重要な足になっています。

一方で、地元経済の持続性を考えた場合に、シェアリングエコノミーの効率的な利便性の高い社会が広がるのか、以前と同じ状況か悪くなってしまうのか、気になるところでもあります。

Uber以前の移動

カンパラにおいては、2016年くらいにUberがタクシー(車)のサービスを始めました。

当時、Uberが出来た事は画期的でした。

それまでの移動は、今から思うと不便で仕方ありません。。

Read more