展示会の開催に向けて

 なんとか11月を越えた。2019年もあと1ヶ月になって、ラストスパートをかけている。そのスパートが財布のポテンシャルを大きく超えていたりして、結構シビアではある。しかし先日、妻に「なんでこんなにお金がないの」と聞かれて「まだ時代が追いついてないから」と答えたら納得してくれたので、まだ闘えそうでもある。創業2年目は、なかなかスリリングな展開が続いている。


 そうしたなか、来月に展示会を開催することにした。前回は大阪の中崎町でお披露目する機会を得たが、今回は京都の四条烏丸で、あれからまた少し進んだ景色をみなさんにお見せしたいと思っている。いくつかの会社とコラボしたものが完成する予定で、かなりグレードアップした内容をお届けできる。会社を辞めて1年半、なんとか生きている。その生きた軌跡を詰め込みたい。

FullSizeRender

 いろんなリスクを考えたとき、何も挑戦しないほうがいいと思うことがある。挑戦は十中八九、失敗する。その失敗にかかるコストを考えれば、何もしないほうが精神衛生上にもいい。アフリカで会社をやって、どう考えても無謀と思えるようなことをしていても、最近はそんなことが頭によぎる。前向きになれないときもある、人間だもの。


 ただそういう状況でも、自分のなかで折り合いをつけて、一歩を踏み出すことができるようになった。それは別に、気合いを入れ直して自分を奮い立たせるようなアツいものではなくて、ボチボチやるかといったヌルっとした感じだ。アツいものをもったとき、まわりが思うような反応をしてくれなかったり、悠長なことを言われたりすると、イライラしてしまう。一方で、ヌルッとしていると、すこし遊びの部分ができて、立ち止まることや逃げることも気持ちが許してくれる。六本木ヒルズをのぼりつめたい人には怒られるかもしれないが、ぼくにはそれくらいが丁度いいのだ。


 というわけで、アツい気持ちをすこしクールダウンさせた適温の挑戦を来年早々に企画しているので、ご都合あう方はご来場ください!

  • 日にち : 2020年1月12日から19日までの1週間
  • 時間 : 11時00分~20時00分
  • 場所 : オフィスワン四条烏丸13階スペース 阪急電車京都線「烏丸駅」26番出口から徒歩1分

協賛金 : 京都信用金庫 本店 普通 3041546 カ)アフリカドッグス