展示会に出展してきた

 先月末に工芸の見本市&展示販売会「DIALOGUE」がホテルカンラ京都で開催されて、ぼくたちも出展してきた。創業して1年半、こうしたイベントに挑戦するのは初めてだったが、めちゃくちゃいい経験になった。数十先と名刺交換する機会があったのだが、自力でここまでやろうと思えば1年以上はかかる。それをわずか2日間で一気にやると、足はガクガク、頭がボーっとしてノックアウト寸前になる。しかし素敵なご縁に恵まれて、おかげさまで3月は忙しくなりそうだ。

なぜかぼくたちのブースにはフランスやドイツ、ベラルーシからのお客さんで溢れた

 コロナの影響もあって、当初、3日間を予定していた展示会は2日間に縮小し、一般来場は中止になった。そうしたこともあってか、当日はぼくの会社のコンサルをお願いしている成澤さんと秘書の涌井さんも駆けつけてくれていたのだが、開場1時間で4人しか来てくれない状態だった。そんな状態を打破すべく成澤さんはブースを飛び出して「ここまだ4人しか来てないので空いてますよ」と叫んでもらったりした。(ぼくは4人しか来ていないことが恥ずかしくて心のなかでやめてくださいと叫んだ。)しかしそのことが功を奏して、目標としていた数のアポイントを獲得できた。成澤さんと涌井さんが居なければ、ぼくはめげていたと思う。

なぜか京都新聞に意気込みがチョイ載りしていた

 2日間で、次のステージへ繋がる人たちと出会えたことはもちろん嬉しかったのだが、古巣の京都信用金庫からの激励は、うまく言葉にできないくらいに嬉しい。退職しているというのに、未だにお世話になっている。ぼくが本当に実現したいと思っていることについて、キーマンとなるような人を紹介してもらったり、目の前の困難に一緒にぶつかってもらっている。そのサポートはどんどん強くなっていて、もはやぼくたちの会社の人たちではないかと思うほどにコミットいただいている。あとはぼくが現場で仕事を進めるだけだ。

 今年は正真正銘、勝負の年になる。できることはなんでもやる。ギリギリを生きているが、ぼくはまだファイティングポーズをとっている。倒れるなら前のめりにいくぞ。トーゴの人たちに届く道筋が、すこしだけ見えている。

わざわざ理事長も激励に駆け付けてくださった