おもしければ笑って、悲しければ泣く。

 子どもはシンプルだ。おもしろければ笑うし、悲しければ泣く。感情をそのまま出すのがいい。

 ぼくらは大人になりすぎていて、いろんな感情を押し殺しているところがあるのかもしれない。もっとシンプルになれれば。感じるままに生きることができれば。