ほかと違っていることが価値になる

トーゴは可能性に溢れている。天然のコットンが採れるし、ここの民族しか持ち得ない技術があって、なにより穏やかで明るい人が多い。首都からタクシーで2時間半ほど北上したところにあるパリメという町は、6年前に、また戻ってくると約束した地でもあるが、市場調査に出ても、モノづくりに取りかかっても、そこで出会う人たちはいい人ばかりで、とてもフィーリングが合う。

 

ここに拠点をつくる。土地は意外にも簡単に見つかった。不動産屋みたいなものはないから、口コミで空き地を探す。2人くらいに聞いて、7ヶ所くらい候補があがった。特段、土地にこだわりもなかったので、外国人が入ってもお邪魔じゃなさそうな、すこし町から外れた山の麓の土地に決めた。

 

そこは身の丈以上の草が生い茂るエリアで、ぼくは草刈りから始めた。マルシェでナタを購入し、茂みに入って草刈りをしていたら、たまたま通りかかったおっちゃんに声をかけられた。

そのおっちゃんは、役所のお偉いさんで、「せっかく初めて日本人が会社をつくるんだ、もっといいところがある」と大通りに面した土地を紹介してくれた。

 

役所に事業申請を出すときに、大切なことは「ほかと違っていること」である。たとえば、そのエリアに飲食店が多いのに飲食系の仕事をするとなると、お客さんの奪い合いになり、地域経済によくない。だから、そのエリアで誰もやっていない、もしくはやっている人が少ないことをしなければならないのだ。

そういった理由で、事業をはじめる土地を変更しなければならないことは往々にしてある。

 

拠点をつくるにしても、どのような場所づくりがいいのか。単純に事務所のようなものをつくっても面白くないし、ここの人たちの生活にも馴染まない気がしたので、近所の人たちに相談している。その地域に住まうおばちゃんたちの家を訪問したり、屋台が出ているところにタムロしている人たちと、どんな場所がいいだろうかと思案している。

みんなで考えて、みんなでつくる。そうして出来たものだったら、この地域の人たちは、ぼくを受け入れてくれるだろうか。そんなことを思いつつ、たくさん葛藤しながらも、一歩でも前に進めたらいいなと思っている。