初売上を計上

昨年11月に、日本人としては初めてトーゴ共和国で法人の設立を果たした。法人設立にあたっては、現地スタッフとミーティングを重ねた。地主や役所との交渉は難航したが、それよりも自分たちはどうしたいか、どういう世界をつくりたいと思っているのか、そんなことを話し合いながら、その土地にあった会社の在り方を模索した。

 

トーゴにはぼくたちの会社の現地法人をつくったが、日繰りのキャッシュを創出する形での運営を目指すこととなった。日本で今、奮闘しているのはアパレルであるが、アパレルはキャッシュへと変換されるスピードが遅い。たとえば、食べるものであれば毎日のことであるから、お金の流動性はアパレルよりも高い。そんな感じの話し合いをしながら、また役所とのすり合わせをしながら、店づくりを考えた。

 

役所側の条件としては、事業者が競合しないことが第一であった。レストランがある地域のちかくでは、レストランを開業することはできない。その地域で客の取り合いが起こってしまい、地域経済にとってよくないというのがその理由であった。しかし役人の親族や、その側近など、融通の利く人物には配慮されることがあり、競合する事業が展開されることがある。

 

たまたま、ぼくの仲間に役人とその側近がいたけれど、ぼくたちは真正面から事業運営をすることを決めていたので、ピックアップした土地ごとに調査をした。結果として、現地法人としての機能に併せて、日々の運営を美容用品を取り扱うことに決まった。ここの女性は、とてもオシャレであり、美への関心も高い。シャンプーやパフューム、美容クリームなどは、ほとんどの女性が使っているといっても過言ではなかった。聞き込みをとおしても、なにより運営を任せる仲間の奥さんも含めて、数種類の美容用品が常備されていた。

 

先月、今月の運営のなかで、マネージャーのリシャと「WhatsApp(彼らのSNSでのコミュニケーション手段は、ほとんどの場合、このWhatsAppというアプリである)」でやり取りをしながら、「全然うまくいかへんわあ」みたいな愚痴も聞きながら、試行錯誤を重ねた。そして今日、売上報告がきた。

 

それは2ヶ月の運営をとおして日本円にして8,000円程度であったが、記念すべきぼくたちのアフリカでの初めての売上だ。なんでもそうだと思うが、0から1にするのが猛烈に大変だ。その大変さを乗り越えた現地スタッフに今、スタンディングオベーションをしている。ぼくたちはビデオ電話をとおして祝杯をあげた。いよいよスタートラインに立った。

↑愛娘と共に運営にあたるマネージャーのリシャ