食事を楽しむ

忙しなく過ぎ去っていく日々にあって、食事は小さな幸せを感じることができる機会を与えてくれる。ここでの食事は、必ずと言っていいほど、みんなで食べる。「みんなで食べるという、ただそれだけのことが、その一日を充実させるうえで重要な意味をもつ」とマックスは魚の骨をポリポリ食べながら言った。脊髄までチューチューして、余すとこなく頂くのがマナーだ。
.
着るもの、食べるもの、住むところ。これらを丁寧にするだけで、人生はかなり充実するのではないかと、マックスをみて思うのであった。