商品サンプル完成

世間がゴールデンウィークのあいだ、ぼくはひたすら布を裁断していた。妻にも手伝ってもらいながら、何種類かの商品サンプルが完成した。これをいろんなところに持って行って、またいろんな人にアドバイスを頂戴しながら営業をしようと思っている。今週には商品撮影をする。7月のリリースまで時間がない。

インターネットですべてが繋がっていく時代にあって、ぼくたちは手作業でアフリカと日本を繋ごうとしている。アフリカ・トーゴ共和国を中心に住まうエウェ族の手織りの布や手染めの布、京都の職人による伝統技術。とくに根拠はないが、手づくりの料理が美味しいように、手作業の代物には魂が宿ると思う。機能やデザインは、他社のもののほうが優れているかもしれない。しかし弊社の商品には、職人たちの息吹を感じることができるオーラがある。長年のあいだ蓄積されてきた文化や技術は、だれも否定することはできない。ぼくたちはそこに価値を感じているし、信じているのだ。