25歳の抱負、筋トレとろうそく

 

3日前に誕生日をむかえ、25歳になりました。

朝、念願だったトレーディングライセンスという誕生日プレゼントをげっとした後、

サプライズででっかいケーキをメンバーからもらい。。。びっくり。最高の誕生日でした!

 

前日のトレーディングライセンス申請絡みでは、一騒動ありそんな中でもふたりとも、めっちゃ支えてくれて感激。ウガンダという異国の地で、こんなに素敵な二人な仲間に出会えたこと、とても嬉しかったです。

 

ところで、25歳の抱負を決めました。2つあります。

まず、30歳で、引き締まった軽快な体を手に入れるため、そして集中力を手に入れるため、「筋トレorランニングを原則毎日行います!」

 

 

軽快な体はいいとして、なぜ集中力が関係するのか。

運動中の息があがったり、筋肉や横腹に痛みがある状況で、いかに身体の各部位に意識を向け続けられるかという特訓をしています。

これがとても面白くて、息があがっている状態や痛みそれ自体は、本当は苦しくないんですね。ただ、それを忌み嫌うから苦しい。なので、ただその状態を感じて受け止めてあげる。そうしつつ、たとえばふくらはぎなどに意識を集中してみる。

そうすると、痛みなんかは忘れ、フロー状態にはいる。

 

これは、仕事にも活きてきていて、たとえばまわりで騒音がしたとしても、ただ音を受け止めて放してあげる。フローにそっと意識をもどしてあげることができる。それができれば、仕事の集中力が高まります。

荒々しいものに注意をとられず、注意を向けたいものに注意を向ける力。

『サーチ・インサイド・ユアセルフ』という本に解説されている、マインドフルネスの考えから派生させて独自のトレーニングとして導入してます笑

僕にとって革命的な本だったので、ぜひ興味ある方は読んでみてほしいです。

 

 

2つ目の抱負は、

「ろうそくの”ほのお”を育てる」

 

24歳はもがきつづけた。そして、ひょんなきっかけから終盤戦に自分をとりもどした。そんな1年でした。ここまで綺麗に自分を取り戻したのは、実に4年ぶりくらいかも。

 

私にとって「自分らしさ」とは、ろうそくの”ほのお”のようなイメージなんです。世間という荒れる風が吹くと消え去ってしまいそうで、手で囲って守ってあげないといけない。かといって、油を注いで強くしようとすると、ろうがものすごい勢いで消耗して消えてしまう。

 

空気の流れに適度に揺れながら、明かりを灯すろうそくの”ほのお”。

やわらかい形をしている。けれども、じつはとても熱くしなやかな”ほのお”。

そして、人のろうそくにおすそわけすることもできる。

 

 

25歳の相木悠一は、

そんな、ろうそくの”ほのお”のような、自分らしさを大切に、

事業を作っていきます。

 

楽しみにしていてください~。

 

 

 

あいき