タンザニアの製パン事業を、支援先として選出していただきました。

こんにちは!タンザニアでパン屋を経営しております、松浦です。

先日、日本AFRICA起業支援イニシアチブ様から支援決定の発表がありました。我々の事業も選出していただきましたので、私から、ご報告と感謝のお気持ちを伝えさせていただきたいと思います。

まずは、審査員の皆さま、お選びいただきまして本当にありがとうございます!そして、いつも応援してくださっている皆さま、たくさんの祝福のお言葉をいただきましてありがとうございます。

皆さまのご期待に添えるよう、より一層、力を入れて事業に取り組んでまいりたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

今回、支援先として選出していただいた旨をメンバーに報告する際、私が感極まって涙してしまいました。それをみたメンバーも一緒に目に涙をためて、私を抱きしめてくれ、こんなことは創業以来初めてだったので、「なんだかいいチームみたいだなー」と更に感極まりました。

想定外の困難なこともたくさん起こりますが、こんなに胸がいっぱいになることもあったということを記憶に留めて、またこれから頑張っていきたいと思います。

実は、支援先の発表がある少し前に、私は従業員に金を持って逃げられてしまっていました・・。(悲しいけどアフリカあるある・・!笑)日々ハードシングスはたくさん起こりますが、その中でも「メンバーによる持ち逃げ」はメンタルにもかなりゴリっときていました。(笑)

そんな中での支援先としての選出発表だったので、「まだもう少しがんばりなさい。」と優しく背中を後押ししていただいたような、救われたような気持ちになりました。一人では何もできない私ですが、こうして皆様の応援があってこそやってこれています。

拙い言葉で恐縮ですが、いつも応援いただき本当にありがとうございます・・!

次回は、メンバーに逃げられた話を書きたいと思います。笑 こんなこともあるんだ〜!という反面教師にしていただければ幸いです!笑