デリバリーに生き残りをかけて

こんにちは!タンザニアでパン屋を経営しております、松浦です。

1週間あっという間ですね・・毎度のことながら、バタバタしていたらあっという間に終わっていて、びっくりします。

さて、先週のブログで「家賃が2倍になってしまうので新しい工房を探します!」とお伝えしていました。

ところが、オーナーさんに相談したところ、家賃の値下げを了承してくださったのです・・・!!!拾う神ありですね・・・(泣)

色々なところを見て回っていたのですが、希望のサイズと場所と家賃を照らし合わせると、「ここだ!」というところを見つけることはできませんでした。そんなわけで、もうしばらくは今の工房で踏ん張りたいと思います。

オーナーさん本当にありがとう!!!

宅配デリバリーサービスをはじめました

今週は、ずっと温めていたデリバリーサービスを、やっと始めることができました!拍手!!!ぱちぱちぱち

日本でいうとUber eatsみたいなサービスです。タンザニアでは、「PIKI」と「yamee」というサービスがありますが、まずは認知度の高いPIKIから始めることにしました。

ターゲットは、引き続き、お金を持った外国人に絞って、彼らが馴染みのあるような商品を引っ提げ、いざ!

このために新しくはじめたのがベーグルです!コロナ渦の中、粛々と準備をしておりました。

BLTサンド


リサーチしたところ、PIKIはランチの需要が多いということと、客単価をなるだけ上げたいという意図で、ベーグルをサンドにして販売することにしました。

これらベーグルと、ハンバーガー3種、ポテトとサラダをサイドメニューでつけてメニューに加えました。

せっかく新しいことを始めるので、気合いを入れてプッシュしまくろう!ということで、事前にInstagramで広告も打ちました

もう売る気だけは万全です!

さて、結果はいかに・・・

結論からいうと、オーダーはこの3日間で4件入りました。

初めてのデリバリーサービスへの挑戦だったので、それはそれは、社員一同歓喜しました!

しかし、目標売上にはまだまだ程遠いのが現状です。最低でも1日に5件は欲しいと思っていたので、かなり頑張らねばなりません。。

如何せん、サービス料が高いのです・・・PIKIに20%も取られるのですから、利益をあげるのは簡単ではありません。

店舗を持っていない分、認知度を上げることがなかなか難しいのですが、ここからが頑張りどきだと思っています!

PIKIのいいところは、店舗がなくても、Instagram等でブランディングをしっかりすれば、PIKIのリピートユーザーが買ってくれる可能性があるということです。

少し手間はかかりますが、新しいShopとしてPIKIで登録し、ターゲット層を変えて商品を販売することも可能です。

まだ少し先になりそうですが。。。落ち着いたらぜひトライしてみたいと思っています。

来週はどれくらいオーダーが増えるでしょうか。。。今からワクワク、ドキドキ、時々胃が痛くなりますが(笑)新しいことを楽しんでいきたいと思います!